topimage

2017-05

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


12、6年ぶりのバンビエン - 2011.07.18 Mon

友達がバンコクへ帰ったので、一人に戻ってしまった。今更中国はちょっと・・・だし(最後までしつこく迷っていた)、急に思いついてバンビエンへ行ってみることにした。

遠くの長距離バスターミナルまで行くのが面倒だったので、手っ取り早くタラートサオ・バスターミナルからローカルバスに乗ることにした。最近の長距離バスは結構きれいになったので、こんなボロバスに乗るのは久しぶりだとテンションも上がる。しかし、出発直前に突然の大雨。天井から雨漏りしてきた。どうして私はいつもこういう席を選んでしまうのだろう。。。あるいは、こういう席に当たってしまうのだろう。。。

出発すると雨もやみ、窓から自然の風も入れられるようになった。当然エアコンなんかついていない。でも、脚も伸ばせるし、イスはクッションついてるし、全く問題ない。分かれ道では物売りがバスに群がり、当然のごとくほとんどの乗客が何か買っていた。ちょっと進むたびに誰かが乗り降りして。急ぐわけじゃなし、こんなラオスらしい移動も好きだ。



(ローカルバスの車内)

バンビエンはこんなに小さな町なのに、目にするのはツーリストばっかり。町の中もゲストハウスやレストランだらけ。やっぱり、なんか気持ち悪い。郊外に行けば田舎の風景が見られるとわかっていても、一人で自転車やバイクを借りてどっか行くとか、カヤックだのトレッキングだのに参加するとか、そんなアクティブになれない。だいたい、毎日雨なんだもん。川も水量が多く、茶色く濁っている。仕方ないので、ブラブラ歩いて、川沿いでご飯食べて、ネットして、読書して、、、とまあ、今までとさほど変わりない日々。



(川、茶色い・・・)



(田んぼを見ると落ち着く・・・)

バンビエンはかれこれ6年ぶりくらいなのだ。市場が移動してしまったり、ゲストハウスやレストランが増えていて、昔の面影が全然ない。町自体も大きくなったようだが、自分がどこを歩いているのか、イマイチわからない。それにしても、ネット屋が増えたなぁ。マッサージ屋もたくさんできた。サウナもできた(昔からあったのかもしれないが)。Wi-Fi使える店もできた。でも、ハッピーシェイクとか、ハッピーピザとかいう類の看板はほとんどなくなってた。

バンビエンは、いい天気のときに、大人数で来るのが楽しいと思う。そして郊外の自然を楽しみたい。それにしても、なんで裸足で歩いている欧米人が多いんだろ、ここ。

雨のバンビエンを逃げ出すようにルアンパバーンに帰って、ちょっと一息。最後にもう少し出かけよう。



(サンドウィッチ屋台)



(雨でもチュービングに行く人たち)



(裸足族)


<前へ  目次へ戻る  次へ>




ローカルバス ビエンチャン(13:00)→ バンビエン(17:00) 30,000kip
ミニバス バンビエン(9:00)→ ルアンパバーン(15:00) 90,000kip

宿 CHILLLAO Guest House
チャイニーズ経営のゲストハウス。ユースホステル?
40,000kip/night (トイレ・ホットシャワー付)で泊まったけど、たしか2泊するから割引してよって言ってみたらOKになった気がします。本当は50,000kipくらいかな。



まちなかの移動
バイクレンタル 40,000kip~
自転車レンタル 10,000kip~

13、心のふるさとへ、里帰り «  | BLOG TOP |  » 11、バンコクでもダラダラする日々、そして再びラオスへ

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Search

RSS

Profile

らお子

QR Code

QRコード

Links

このブログをリンクに追加する

Visitors

Recommended Items

☆ブログランキング参加中


☆毎日Click!!
募金サイト イーココロ!

JWordsのクリック募金 
↑一日30円!!





【楽天市場】旅行・出張・ホテル・チケット


簡単旅日記&アルバム
旅行専門ブログサイト トラベログ
旅行のクチコミサイト フォートラベル

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。