topimage

2017-06

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


5、秘境を目指して - 2011.06.12 Sun

ストゥントレンで一泊かなぁと思っていたが、ラタナキリ行きのバスが3:00pmにあるというのでそれに乗ることにした。ここまでの道中、ドライバーのおじちゃんにラタナキリに行きたい旨を伝えると、突然携帯電話を渡され、聞いてみろという。だ、誰だよ・・・と思いながら恐る恐る話してみると、相手は英語が通じた。で、連れてこられたのがRiverside Guesthouse(たしかこんな名前だったような・・・)。ここのMr.Tがバスを予約してくれたそうだ。

出発まではまだまだ時間があるので、ゲストハウスで早めのランチを取り、少し町をブラブラする。といっても、あまりに暑くてすぐにギブアップ(だいたい、見るものもないのだ)。ゲストハウスのレストランでぼんやりしながらバスを待つ。Riverside Guesthouseは名前の通り川の前に建つゲストハウス。部屋は見ていないけれど、欧米人が結構泊まっているようだった。バスの予約やツーリストインフォメーションの提供もしてくれる。レストランの食事もおいしい。



(ストゥントレンの川沿い)



(カンボジアに入ったのでアンコールビールを)

15時過ぎに予定通りラタナキリ行きのバスがやってきた。しばらくの間、道路がきれいだなーなんてぼんやり思っていたら、やっぱり途中から未舗装路になった。特に、森の中を走っている間、道はかなりのデコボコ具合だったけど、こんなの久しぶりだなーと思ったら、なんだか楽しくなってきた。秘境に向かってるという気分も高まる。日も沈んで辺りが暗くなった頃、急にまた舗装道路になった。と思ったら、町らしきものが見えてきた。どうやら目的地バンルンの町に着いたらしい。到着したのは19時過ぎだった。バンルンは、ラタナキリ州の州都である。



(ラタナキリへの道中)

さてラタナキリ、どんな山奥のド田舎かと思っていたのだけど、、、全然そんなことないのだ。町じゃん!都会じゃん!!夜なのに人もいっぱい、バイクもいっぱい。道路も広いしきれいだし、建物もたくさんあるし。あまりに想像と違ったのでびっくり。

小さな町でゲストハウスも数軒しかないんだろうと思ってガイドブックも持ってこなかった。現在地もわからなければ、どこに行けばいいかもわからない。ウロウロしているとバイクに乗った兄ちゃんがゲストハウスに連れて行ってくれるというので、ありがたく連れて行ってもらった。中心から少し離れるが、部屋はきれいだし、何でもいいのでとりあえずここに泊まることにした。


<前へ  目次へ戻る  次へ>




バス ストゥントレン(15:00)→ ラタナキリ(バンルン)(19:00)$6(Rith Mony社)

余談ですが、ストゥントレンにはこういう変なモニュメント的なものが多かった。。。

  

6、ラタナキリ滝めぐりツアー «  | BLOG TOP |  » 4、ラオス→カンボジア国境越え

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Search

RSS

Profile

らお子

QR Code

QRコード

Links

このブログをリンクに追加する

Visitors

Recommended Items

☆ブログランキング参加中


☆毎日Click!!
募金サイト イーココロ!

JWordsのクリック募金 
↑一日30円!!





【楽天市場】旅行・出張・ホテル・チケット


簡単旅日記&アルバム
旅行専門ブログサイト トラベログ
旅行のクチコミサイト フォートラベル

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。