topimage

2017-09

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


1、カンボジアラストナイト - 2009.01.24 Sat

2008年10月25日 シェムリアップ~クラチェ

2年間過ごしたシェムリアップから離れる時が来た。ラオスに行くって決まったときはとても嬉しかったはずなのに、いざシェムリアップから離れる日が近づいてくると、急にさみしくなって1ヶ月くらい暗かった私。皆さんにはご迷惑とご心配をおかけしたであろうことを反省しています。普通、新しいところに行くってワクワクするし、まして自分の夢が叶ったわけなのに、なんで私はこんなにさみしかったのだろう??それくらい、シェムリアップにいた2年間という時間、そしてその間に出会った人々は私にとって大切な存在なんだなぁ(しみじみ)。「いつでも戻っておいで」ってみんなが言ってくれるので、安心してラオスに旅立てます。シェムリアップは完全に第二の故郷。いや、今ではむしろ日本よりも近い存在。。。

おっと、旅日記なのにこんなことを書いてしまった。旅立ちの朝は顔見知りのトゥクトゥクさんにバスターミナルまで送ってもらった。仕事行くより早い時間なので誰にも会わずに家を出る。見慣れたはずのシェムリアップの風景が、いつもと違って見えるのは気のせいだろうか。。。



(さようならシェムリアップ)

バスターミナルには友達がわざわざ見送りに来てくれた。おかげで泣いたりせずにすんだ。バスの中で一人の時間がたっぷりできると、シェムリアップの友人知人に「いってきます」メールを送る。もう気持ちを切り替えてこの旅にすごくワクワクしていたはずなのに、仲の良い友達にメールを書いていたら、急に泣けてきた。やだなぁ、もう。。。

5月頃はシェムリアップからクラチェ行きのバスがあったのだが、今はないということなので、とりあえず途中のコンポンチャムまで行く。コンポンチャムに着いたのは午後だったが、クラチェ行きバスがまだあるということなのでそれに乗ることにする。クラチェに着いたときには残念ながら夕日が沈んでしまった頃で、メコン川越しのきれいな夕日を見ることはできなかったけれど、日没後のメコン川を眺めながら、やっぱりこの街は落ち着くなぁと思う。



(車窓から見た田園風景)

ゲストハウスで聞くと、ラオスのドンデットまでのミニバスがあるという。国境で一泊かと思っていたけれど思ったより早くラオスに入れそうだ。明日にはもうラオス。今日がカンボジアラストナイトだ。なんだかあっけない。



(クラチェの夕暮れ)

目次へ戻る  次へ>




・バス
シェムリアップ~コンポンチャム 25,000R($6.25) 約5時間
コンポンチャム~クラチェ 28,000R ($7) 約3時間

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://laolaobeerlao.blog11.fc2.com/tb.php/712-1c74b9b6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2、国境までの長い一日 «  | BLOG TOP |  » シェムリアップ~ルアンパバーンバスの旅!(2008)

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Search

RSS

Profile

らお子

QR Code

QRコード

Links

このブログをリンクに追加する

Visitors

Recommended Items

☆ブログランキング参加中


☆毎日Click!!
募金サイト イーココロ!

JWordsのクリック募金 
↑一日30円!!





【楽天市場】旅行・出張・ホテル・チケット


簡単旅日記&アルバム
旅行専門ブログサイト トラベログ
旅行のクチコミサイト フォートラベル

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。