topimage

2017-04

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


3年ぶりムアンゴイで再会 - 2008.01.29 Tue

今回は、前回再訪を果たせなかったムアンゴイにどーうしても行きたくて、予定を変更することなくちゃんと行ってきた。


(3年前と全く一緒に見えるメインストリート)

ゲストハウスの家族は4年近く前になるのに私のこと覚えていてくれて(しかも名前まで!そのとき会った日本人の子たちのこともちゃんと覚えてた。)、本当に本当に嬉しかった。仲良く遊んだ男の子は今微妙な年齢にさしかかり、もう外国人の年上の女とは遊んでくれないみたい。さみしいな。もうちょっと長く滞在すればまた話くらいはしてくれたのだろうけど、長くても3日くらいしかいるつもりはなく、1日多くいただけでは状況は変わらないと思ったので、今回は会えただけでよしと思いあっさりルアンパバーンに戻ることにした。お互い意識はしてるのになかなか話せなくてぎこちない。なんだか久しぶりに会った親戚みたい(笑)。

前回は涙・涙のお別れだったけど、今回はみんなあっさり、私もあっさり別れてきた。だってまた会えるもん。いつでも会えるんだもん。


(メインストリートで毎朝見られる光景)

ムアンゴイは恐れていたほどの変化はなく、小さなメインストリートも昔のまま。多少ゲストハウスやレストランが増えたけれど、自然はきれいだし、人はやさしいし、犬やニワトリはいっぱいだし、夜はやっぱり暗いし、水シャワーは冷たいし、まだまだ変わらないと安心。

ツーリストはものすごく増え、おかげでゲストハウスのお母さんやお姉ちゃんまで少し英語を操るようになっていたのには驚きだったけど、基本的にツーリストもみんな自然を楽しみに来る感じで、トレッキングしたり川沿いでのんびりしたり。そういうツーリストがいるだけならまだ大丈夫かなと思う。


(ビーチ?でのんびりするカップル)

でも、バンビエンも昔はこうだったのかもしれない。いつムアンゴイがバンビエンのようになってしまうのではないかと心配でならない。バンビエンはビエンチャンとルアンパバーンの間にあるから訪問者も多くてうるさくなってしまったのかも。ムアンゴイはいつまでも静かなままであってほしい。生活が便利になるのは構わない。現地の人だってそのほうがいいだろうから。でも、ツーリストが村を変えるようなことはしないでほしいって思うな。


(朝の川)

メモ

ゲストハウスやレストランが増えた気がする。あと、いたるところにトレッキングツアーの看板が出てるし、一応ツーリストインフォメーションオフィスらしきものまでできているので、トレッキングツアーなどを現地でアレンジしやすくなった(のか?ほんとに)。私はビーチサンダルしか持ってなかったし、2泊しかしなかったからやらなかったけど。寒かったし。次回気が向けばやってもいいかな。。。

簡単なトレッキング?ハイキング?散歩?コースは、学校の奥にある洞窟に行くコース。洞窟までゆっくり歩いて30分。その先さらに1時間歩けば村があり、宿とレストランがあるらしいけれど、さらに1時間も歩くのは嫌だったので引き返した。洞窟があるだけなのに10,000Kも取られてびっくり。後でルアンパバーンの宿の情報ノートに自分が昔書いたのを見たら、3年前は2,000Kだったらしい。

  
(左:レストランや道端にこんなような看板が多数。値段は不明。)
(右:洞窟の前にあった看板。これを見て引き返した。)

目次に戻る


● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://laolaobeerlao.blog11.fc2.com/tb.php/708-f6f77f86
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

旅のメモ «  | BLOG TOP |  » ルアンパバーンメモ

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Search

RSS

Profile

らお子

QR Code

QRコード

Links

このブログをリンクに追加する

Visitors

Recommended Items

☆ブログランキング参加中


☆毎日Click!!
募金サイト イーココロ!

JWordsのクリック募金 
↑一日30円!!





【楽天市場】旅行・出張・ホテル・チケット


簡単旅日記&アルバム
旅行専門ブログサイト トラベログ
旅行のクチコミサイト フォートラベル

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。