topimage

2017-11

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


重慶大厦に泊まる勇気がなかったら - 2006.09.17 Sun

私は今回はバックパッカーの聖地?重慶大厦ではなく、すぐ近くの美麗都大厦(ミラドマンション)というビルの中の宿に泊まった。

ミラドの入口にもインドだかアラブだかの人たちが立っている。1階を入った感じはミラドもチョンキンも似たようなもんだ。どっちかといえばチョンキンのほうが入口が広くて人も多いし入りやすいかもしれない。
ミラドも1階は店が並んでいる。中国チックな土産物屋とか、両替所(チョンキンよりレートは悪かった)とか、あと何か忘れたけど。

このビルにもチョンキンほどではないが、安宿がいくつも入っている。でも普通の人の住宅のほうがたぶん多いので一緒にエレベーターに乗って宿まで帰ればここで生活してる気分を味わえるかもしれない!?

今回ミラドに泊まったのは、
①インターネットで予約できて結構値段も安い宿をミラドに見つけた
②チョンキンはエレベーター待ちが大変らしい
③チョンキンは窓がない部屋が多く、火事になると危険だがミラドは吹き抜けみたいなのがあって開放感があるらしい
という理由で。

実際ミラドに泊まってみると、何台かあるエレベータはそれぞれ停まる階が決まっているため(チョンキンもそうなの?わからない)、多少は待っても何十分も待つこともないし、来たエレベーターに人が多すぎて乗れないこともない。時間によっては(朝夕とか)混雑するかもしれないけど、全然困ることはなかった。
また、たしかにビルの真ん中は真ん中は吹き抜けみたくくりぬかれていて、住民の洗濯物がいっぱい干してあっておもしろかった。


(開放感は○)


(15階から下を見る)

せっかくなので、今回泊まった宿についてちょっと書いておこう。
15階(14F)にある萬興隆酒店(MAN HING LUNG HOTEL)という宿に泊まった。

<部屋>
・きれいさ
シンプルだけど清潔で、部屋も毎日掃除してくれてたようだ。シーツとかは交換してくれたのかな?あんまり気にならなかったので覚えてない。言えばやってくれると思う。

・広さ
残念ながら狭い。私は2ベッドの部屋だったからそんなに気にならなかったけど、ベッド1つだったらもっと狭いんだろうなぁ。あと、ベッド自体も小さくて、背の高い人、体の大きい人は結構つらいかも。ベッドを2つ横に並べられればよいけれど、部屋の形によっては無理な場合も・・・。
トイレ&シャワーも今までで一番狭いんじゃないかという感じ。でもきれいだから許す。


(部屋こんな感じ)


(トイレもせまい)

・設備
部屋には窓もあって(ネイザンロードが見える。でも窓を開けておくと夜中でもうるさい)、エアコン、TV、電話もある。部屋でインターネットも使えるらしい。ホットシャワーは熱々で水の出もよし。

<その他>
タオル・石鹸・トイレットペーパーfree。水もお湯も飲み放題。
宿の入口にPCも1台置いてあるが、夜中はインターネットは使えないらしい?(という貼り紙があった)あぁ、値段は忘れたな。使ってないし。
中国のビザも取れるらしい。

<値段>
私が泊まった2ベッドの部屋は200HK$(約3000円)。ほんとは150~180くらいを想定していたのだけど、部屋を見た後、2ベッドだしまあいいかとあっさりOKしてしまった。
1ベッドはもっとは安いだろうし、交渉できるかもしれない。
ちなみに、予約したときシングルの値段を聞いたら150~200と言っていた。HPに書いてあるのより値段が上がっているのか?それとも、最初から2ベッドの値段を言われただけなのか。そうだなきっとこれって2ベッドの値段だしな。
部屋数はそんなにいっぱいあるようにも見えなかった。

<予約>
HPorメールで予約可。HPのフォームより、直接メールで送ったほうがよいかもしれない。予約は英語で。

<おまけ>
出発前にメールで予約してあった。最初HPのフォームから予約をしたらすぐには返事がなかったので、時間もないから一応メールでもう一度送ったら今度はすぐ返事がきた。
また、空港から宿に電話しておいたら、バスを降りるとメールの返信をくれたチェンさんが迎えにきてくれていた。頼んだわけじゃないのに。しかも自分でメールには、「だます人が多いから知らない人についていかずに自力でホテルまで行きなさい」と書いてあったのに・・・。
でも私の名前を書いた紙を持ってるくらいだからまさか別の宿の人じゃないだろうと思って一緒に行ったら無事宿に到着。怪しい人ではなかったようです。

チェンさんはいい人だ。宿に着いたら香港マップをくれて見所を説明してくれて(ガイドブックに載ってるようなことだけども)、部屋のエアコンの使い方とかも説明してくれて、バスタオルもくれて、トイレットペーパーも石鹸もくれて、水もお湯も飲み放題。いたれりつくせりです。チェンさんがいい人っていうか、宿のサービスなのだろうけどね。でもチェンさんは親切だった。
ちなみにチェンさんに会ったのは最初の夜だけでそのあとは見かけなかった。帰るときお別れを言いたかったのに。私も一日中外にいたから仕方ないけど、夜もいつもいるわけではないのかな?むしろ昼間いる人なのかもしれないしな。

萬興隆酒店(MAN HING LUNG HOTEL)HP&e-mail:
http://www.manhinglung-hotel.com/
http://home.hkstar.com/~mhlhotel/
mhlhotel@hkstar.com

目次に戻る


● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://laolaobeerlao.blog11.fc2.com/tb.php/667-f907bfa0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

東京に小さな沖縄発見 «  | BLOG TOP |  » 超有名な安宿密集ビルに潜入!

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Search

RSS

Profile

らお子

QR Code

QRコード

Links

このブログをリンクに追加する

Visitors

Recommended Items

☆ブログランキング参加中


☆毎日Click!!
募金サイト イーココロ!

JWordsのクリック募金 
↑一日30円!!





【楽天市場】旅行・出張・ホテル・チケット


簡単旅日記&アルバム
旅行専門ブログサイト トラベログ
旅行のクチコミサイト フォートラベル

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。