topimage

2017-08

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2、いざカンボジアへ! - 2006.08.12 Sat

2006/7/16(日)

ファランポーン駅では、早朝だというのに大勢の人が列車を待っている(と思われる。ロビー?には人がいっぱい座ってる。)。カンボジアとの国境の街アランヤプラテート行きの3等のチケットはたったの48B。ということは150円しないくらい。東京メトロの初乗りより安いではないか!
早めに列車に乗り込み座席を確保。3等でもイスにクッション付というか、木丸出しではないものもあるらしい。

出発時刻の5:55を10分程すぎて列車はファランポーン駅を出発。最初は街の中をのんびり走っていたが、次第に見渡す限りの田園風景に突入。乗る人も降りる人もあまりいないような小さい駅に停まりながら、のんびりと進む。本当にのどかだ。
列車はそれほど混雑しておらず、期待していたタイ人とのふれあいこそなかったが、バスよりスペースが広く動き回れる分よいかもしれない。

12:00を過ぎて終点のアランヤプラテート駅に到着。
バイタクかトゥクトゥクで国境まで行こうと思っていたが、駅の目の前にでっかいトラックバスが停まっており、国境に行くというのでそれに乗ることにした。立ち乗りもいるほどの満員だった。
10分か15分くらい走っただろうか?国境に到着したようだ。国境付近は大きなマーケットになっていた。残念ながら今買い物をして遊んでる余裕はないので、まっすぐにイミグレに向かいタイを出国。


(タイ側のイミグレ。タイとカンボジアの国旗が見えますよね?)

カンボジア側に入国する前にビザを取得する。値段は「20USドル」と表示されているにも関わらず、係員は頑なに1000Bしか受け取ろうとしない。
20ドルより高いじゃん、1000Bって。。。
粘っている欧米人がいたが、粘ってもダメそうな感じだったし、面倒くさくて私はさっさと1000B払ってしまった。そういうことするから奴らが調子に乗るんだろうなぁ・・・。わかっちゃいるのだけど。

ビザを待ってる間に、アジア系の女の人二人組に話し掛けられた。シェムリアップまでの交通機関をシェアしようということだった。
実は私も彼女らが駅からここまで一緒に来てたのを知っていたのだが、
話しかけるタイミングがつかめないでいたのだ。私も誰かとシェアしたいと思っていたので、その申し出を快諾した。
彼女らは中国人と香港人。列車の中で会ったのだそうだ。というわけで、みんな女一人旅。二人の年齢は私より上そうだけど。


(カンボジアに入国しまーす!)

ビザを取ったところからイミグレまではほんの少し歩かなければならないが、無料のバスのようなものがあった。
イミグレから無料のシャトルバスに乗せられ、ツーリスト用のバスターミナルに連れていかれた。そのバスターミナルとやらでバス(といってもマイクロバスだ)かタクシー(といっても定員4人のトヨタのセダン車だ)のチケットを購入という流れになっていた。
バスは一人10ドル。タクシーは1台50ドル。もちろんタクシーの方が速くて快適と思われるのでタクシーで行きたいと思っていた。

中国人は欧米人の女の子二人組にも声をかけていて、5人で行こうという話をしていたが、車には5人乗ったらきつそう。カンボジア人も5人は乗れないって言う。
結局、欧米人二人組は別の相棒を見つけ、我々は他に一人の人が見つからず3人でタクシーに乗ることになった。

シェムリアップまでの道はすさまじく穴ぼこだらけである。6年前、バンコクからシェムリアップへ向かう際には飛行機を使ってしまったのでわからないが、今でも相当な悪路である。国道なのに、なんでこんなに穴だらけなんだ?
でも、今乗っているのはピックアップトラックの荷台ではなく、エアコンもきくセダンだからほこりまみれになることもない。道は穴だらけだが、まだそんなに雨が降っていないのか道もドロドロではなく、80km/h以上出して快調に飛ばしていく。
ドライバーのおじちゃんは、周りの車と抜きつ抜かれつのデットヒートを繰り広げながら、穴だろうがなんだろうが猛スピードで突っ込んでいくので、車が壊れないかどうか、対向車と追突しないか、心配だった。
しかし、激しい揺れにもかかわらず、周りの景色は単調だし、寝不足も手伝って車内ではウトウトとしてしまった。
いくつか村のような集落のようなところを通り過ぎながら、おじさんの猛スピードのおかげで、3時間くらいでシェムリアップに到着した。

車内で3人で決めてあったポピュラーゲストハウスにまっすぐ向かうと、
結構部屋数は多いはずなのに、トイレ・シャワー付のシングル(5ドル)とツイン(6ドル)が1部屋ずつしか空いていないという。当然彼女ら二人が一緒の部屋だろうと思ったら、中国人はシングルがいいというので、私と香港人で部屋をシェアすることにした。水シャワーで5ドルはちょっとなーと思っていたが、3ドルだったらいいだろう。

部屋に荷物を置き、3人で夕食を食べた。
部屋に帰って明日の計画でも立てようと思ったらガイドブックがない。
どうやらレストランで見ていてそのままイスに置いてきてしまったようだ。少し考えたが、やっぱり明日の観光にガイドブックは絶対必要だし、取りにいくことにした。21時すぎだが人通りは多く、レストランではガイドブックを取っておいてくれていたのでお礼を言って受け取り、
まっすぐ部屋に帰ってシャワーを浴びて洗濯をして就寝。
明日中華系二人は自転車で観光するとか言っているが、私はとてもじゃないけど自転車なんて疲れるから一人でバイタクでまわろうと思う。


(6年前はこんな感じじゃなかったと思うんだけどなぁ)

<前へ  目次へ戻る  次へ>



○交通
・バンコク~アランヤプラテート(Train)3等48B 約6時間
・アランヤプラテート駅~国境 (トラックバス)10B 10分?
・ポイペット~シェムリアップ タクシー 1台50ドル 3時間~
(ミニバスは一人10ドル 所要時間は?)

○宿 ポピュラーゲストハウス Popular Guest House
トイレ・シャワー(水)共同 シングル3ドル/ツイン4ドル
トイレ・シャワー(水)付  シングル5ドル/ツイン6ドル
テレビ付とかエアコン付の部屋もあるらしい。
※ホームページの部屋はすごくきれいだけど、、、安い部屋は暗いし蒸し暑いし、結構きついかも。。。

○その他
カンボジアビザ 20ドル(実際は1000B)@アランヤプラテート/ポイペット国境にて


● COMMENT ●

yasudaさん、こんにちは。
たしかに、あの道はもういいです。。。
今回時間もないのにあの道を陸路で往復してしまったので(笑)次は飛行機で行くことにします。お金はかかるけど・・・(泣)

こんにちは。
両替で20ドル騙し取られたことが思い出されます。<ポイペット

バンコクからバスツアーで行ってしまいしたが、個人で行けば、ツアーの半額で行けそうですね。でも、あのガタガタ道はもうイヤです。(笑)

アンコールワットには裏から入ってしまったので、正面から入ってみたいのです。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://laolaobeerlao.blog11.fc2.com/tb.php/642-f698a4f9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

3、6年ぶりの再会 «  | BLOG TOP |  » 1、バンコクまでの長い一日

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Search

RSS

Profile

らお子

QR Code

QRコード

Links

このブログをリンクに追加する

Visitors

Recommended Items

☆ブログランキング参加中


☆毎日Click!!
募金サイト イーココロ!

JWordsのクリック募金 
↑一日30円!!





【楽天市場】旅行・出張・ホテル・チケット


簡単旅日記&アルバム
旅行専門ブログサイト トラベログ
旅行のクチコミサイト フォートラベル

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。