topimage

2017-09

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


4、ジャム島でだらだら生活2日目 - 2006.02.06 Mon

2006年1月3日

朝早く目が覚めたが、さすがにまだ暗くて外に出るわけにもいかない。
そのうちまた雨が降ってきた。全く、、、この時期こんなに雨が降るとは思っていなかった。毎日降るのだろうか。
二度寝してからゆっくり時間をかけて朝食を取り、島の南端のほうに向かってビーチを散歩してみたが特別なものはなかった。漁に出ると思しき船をいくつか見ただけだ。

ガイドブックなどに書いてあるが、ジャム島には木の上の小屋(ツリーハウス)があるという。
たしかJOYにもあるとガイドブックには書いてあったような気がしたが、それらしいものはなかった。もしかして津波でやられたとか・・・?ちなみにJOYの隣のNew Bungalowにはツリーハウスが存在していた。

部屋に戻ってから、本格的にビーチへ繰り出してみた。
バンガローから少し離れて、周りに人がいないところを探して場所を確保。
一人きりだが、とりあえず海に入って足がつくかつかないかのところで少し泳いだら、岩で指を切った。
ここの海は浅いところが続くので少し奥までいっても足がつくし、波もほとんどないのは安心だけど、足の下にところどころゴツゴツした岩が転がっているため、誤ってけっとばすと私みたいに怪我をするのでちょっと危険。


(青い海!)

怪我はするし、もう泳ぐ気もなくなりビーチで横になる。
曇っているとそれほど暑く感じなかったが、日が当たるとさすがに南国、暑い。肌がジリジリいっているのがわかる。
昼すぎまでビーチでゴロゴロして過ごしたあと、バンガローに戻ってごはんを食べたらシャワーを浴びて昼寝。
ちょっとのつもりがまた夕方まで寝てしまった。寝る以外にやることはないのだろうか・・・。


(誰もいないビーチ!)

夕日を見ながらビーチを散歩。バンガロー等の宿泊施設はほとんど全部島の西側にあるため、きれいな夕日を見ることができる。
しかしいつまでも夕日を眺めてぼんやりしているとすぐに真っ暗になってしまうので要注意。懐中電灯を持って出かけるべし。
バンガローに戻ってまた一人で夕飯を食べて寝る。

一人でも構わないのだが、大失敗だったのはハンモックを持ってこなかったことだ。ハンモックくらいそれぞれのバンガローに付いているだろうと期待していたのだが、付いてはいなかった。
残念だ。バンコクに着いてすぐこっちに来てしまったから買う時間もなかったし。。。どこかで仕入れておくべきだった。
ハンモックがないのでベランダで横になってみたが、なんか人に見られたら恥ずかしいので部屋に戻った。


(癒される一時)

<前へ  目次へ戻る  次へ>



● COMMENT ●

はじめまして!

miraさん、こんにちは。
何もないですけど、ぼーっとして癒されるところでしたよ。
これで海がもっときれいだったらほんとにパラダイスなんですけど、
そうそう全部を備えているところはないものですね。

はじめまして。
写真がきれいで思わず見入ってしまいました。
こんなところなら本当に癒されそうですね・・・。

ほんとに

ほんとに癒されるよー。若干さみしさもあるけど。。。
もぐったりしたらそんなにきれいじゃないだろうけど、ビーチから見てる限りでは十分きれいで南国らしい海でした。

きれいだね☆ビーチもきれいだし、サンセット写真もステキです。
一人でこんなキレイなサンセット見れたらほんと癒されるだろうなぁ。。。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://laolaobeerlao.blog11.fc2.com/tb.php/552-6691d819
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【グルメ】バーンリムパー «  | BLOG TOP |  » 南インドに行っちゃって!

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Search

RSS

Profile

らお子

QR Code

QRコード

Links

このブログをリンクに追加する

Visitors

Recommended Items

☆ブログランキング参加中


☆毎日Click!!
募金サイト イーココロ!

JWordsのクリック募金 
↑一日30円!!





【楽天市場】旅行・出張・ホテル・チケット


簡単旅日記&アルバム
旅行専門ブログサイト トラベログ
旅行のクチコミサイト フォートラベル

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。