topimage

2017-05

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


荷物紛失事件 前編 - 2004.11.22 Mon

昨日書いたように、ルアンナムターからウドムサイへのバス移動の途中、バックパックがなくなりました。
バス移動の際、大きなバスだったら中に荷物を持ち込めることもありますが、トラックバスとかマイクロバスだったらたいていは荷物は屋根の上に乗っけるんですよね。
普通はちゃんとロープとかネットとかで結わえ付けてあるので、相当なでこぼこ道でも落ちたりすることはあまりないと思っていたんですけど、バスターミナルに着いたら私の荷物だけなかったんですよ。

道は最初の1時間くらいは未舗装のでこぼこ道ですが、あとは山の中だけどちゃんと舗装されてるし、荷物が落ちるなんて考えてもいなかった。
バスはミニバンで、人はぎゅうぎゅうに詰め込まれてたけど、それなりに快適だなぁなんて・・・。

ルアンナムターのバスターミナルで運転手にちゃんと荷物を渡したし、屋根に積んでたのは見た。
けど運転手に言っても言葉が通じない。
ウドムサイのバスターミナルのチケット売り場で英語できる人いるかー?って言ったらおっちゃんが出てきて話を聞いてくれました。

おっちゃんいわく、
とりあえず運転手がルアンナムターに戻って荷物を探しに行ったから3,4日待てと。
Never mind.荷物が見つからなかったら私がお金を払ってあげるから。500ドルでいいか?

私が考えたことは、
どうせ荷物なんか見つかりっこないさ。
でも、500ドルもくれるんだったらいいかも。
実際そんなにくれないだろうし、けど300ドルくらいでも十分だな。。。
しかし、こんななにもないウドムサイにそんなにいたくはないぞ・・・。

ということで、荷物もないのに、着替えもないのに、予定通り寒い寒いポンサーリーへと向かったのでした。
とりあえず歯ブラシと歯磨き粉とシャンプーと石鹸だけウドムサイで調達して、バスタオルはウドムサイのホテルから頂戴いたしました・・・。
ビニール袋にそれらを入れてポンサーリーに旅立ったのですが、まぁ、それはそれでだんだん自分で楽しくなってきちゃいましたよ。
けど、ポンサーリーに着いてからあまりの寒さにこんな姿で来たことを後悔するのですが・・・。


● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://laolaobeerlao.blog11.fc2.com/tb.php/227-6507e727
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ムアンゴイでウルルン体験 «  | BLOG TOP |  » 再びルアンパバンに戻ってきました

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Search

RSS

Profile

らお子

QR Code

QRコード

Links

このブログをリンクに追加する

Visitors

Recommended Items

☆ブログランキング参加中


☆毎日Click!!
募金サイト イーココロ!

JWordsのクリック募金 
↑一日30円!!





【楽天市場】旅行・出張・ホテル・チケット


簡単旅日記&アルバム
旅行専門ブログサイト トラベログ
旅行のクチコミサイト フォートラベル

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。