topimage

2017-08

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ムンバイ Mumbai 1 - 2004.09.26 Sun



大都会ムンバイに到着

朝6時ころムンバイのヴィクトリア・ターミナス駅に到着。ぐっすり寝て、1時間前から準備をしていたので降りるときも余裕だった。
っていうか、この駅でかっ!!プラットフォームも長いけど、駅の構内も広すぎる。こんなところに一人で来たら絶対迷子になってしまうに違いない・・・。

駅の外に出て、とりあえずタクシーでAさんと一緒にインド門まで行くことにした。
Aさんはこの日の夜の列車でムンバイを出るとのこと。私はムンバイに1泊して翌日の飛行機で日本に帰国なので、私の部屋に荷物を置かせてあげよう。
タクシー料金は意外に安く、リキシャーと同じ感覚で使っても平気そうだ。タクシーの中に料金表もあった。
インド門から、『歩き方』に載っていたホテルを目指して歩く。私が目をつけていたところは、同じビルにホテルが2つあって上の階のほうが安いと書いてあった。
しかし実際に行ってみると、上の階はシャワー・トイレ共同で350Rs、シャワー・トイレ付だと600Rs。ムンバイの物価が高いことは承知の上だが、そんなには出せない。
下の階はシャワー付のシングルで400Rs。なぜかトイレは共同だけどうーん、まあいいか。ということで、下の階のホテルに決めた。宿のオヤジは私たちに起こされたからか機嫌が悪そう。けどもう7時だし、そろそろ起きようよ・・・。

部屋に荷物を置いて二人で朝ごはんを食べに行く。
しかし、もう7時だというのにまだ街は静かだ。人が歩いていない。都会の人間は朝が遅いのだろうか・・・?
レストランもみんな閉まっている。やっと見つけた店も、料理は8時半からだという。でも10分待ってればサモサくらい作ってやるよと言ってくれたので待っててサモサとチャイの朝食。

朝食後部屋に戻る。
Aさんは具合が悪いようだ。電車の中にいるときから具合が悪かったらしく、結構つらそう。ベッドを使わせてあげることにした。
その間私はシャワーを浴びたかったのだが、この部屋のシャワー、なぜかドアがないのだ。いくらAさんは寝てるとはいえ、目を覚まさないとは限らない。
共同トイレにもシャワーがついているので、仕方なくそのシャワーを使用した。
私の部屋なのにどうして私がこんなに気をつかうんだろう・・・。でも彼がいなかったら私は列車に乗れなかったから仕方ない。それに彼は病人だし。
シャワーを浴びて部屋に戻ってくると、部屋のファンが消えていた。う、蒸し暑い・・・。せっかくシャワーを浴びたのにすぐに汗だくになってしまう。
私の部屋なのに・・・。


<前へ  目次へ戻る  次へ>


● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://laolaobeerlao.blog11.fc2.com/tb.php/179-85eddf72
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ムンバイ Mumbai 2 «  | BLOG TOP |  » なまえ

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Search

RSS

Profile

らお子

QR Code

QRコード

Links

このブログをリンクに追加する

Visitors

Recommended Items

☆ブログランキング参加中


☆毎日Click!!
募金サイト イーココロ!

JWordsのクリック募金 
↑一日30円!!





【楽天市場】旅行・出張・ホテル・チケット


簡単旅日記&アルバム
旅行専門ブログサイト トラベログ
旅行のクチコミサイト フォートラベル

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。