topimage

2006-03

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【イベント】サバイディー・ピーマイ 06 - 2006.03.26 Sun

特定非営利活動法人「ラオスのこども」がラオスの正月、ピーマイを開催するそうです!


日 時:4月22日(土)15:00~18:00(受付開始 14:30)
会 場:ライフコミュニティ西馬込 2階
     東京都大田区西馬込 2-20-1
     都営地下鉄浅草線「西馬込」駅南口前

定 員:100名(お申し込み先着順)
参加費:一般 3,000円 会員 2,000円 小中学生 1,000円
※収益はラオスの教育支援活動に役立たせていただきます。
お申込み・お問合せ:ラオスのこども事務局
     Tel/Fax 03-3755-1603  
     e-mail  deknoylao@yahoo.co.jp
お申し込みの際は、お名前・ご住所・ご連絡先・参加人数をお知らせください。
マイカップ・マイお箸、大歓迎!
主 催:特定非営利活動法人 ラオスのこども



ラオス語紙芝居の実演、ラオス語教室、伝統舞踊体験、国際協力の活動現場紹介、相談コーナーがあれば、ラオス料理、伝統儀式バーシ体験、きれいな染織工芸品、ラオス特産品の販売などなど、どっぷりラオスにつかれそうな感じ♪

今年で23回目だそうです。
今年こそ行ってみようかなと思っているところです。


スポンサーサイト


10、島生活ともお別れです - 2006.03.26 Sun

2006年1月8日

昨日の辛い夕食のせいか、真夜中に突然腹が痛くなった。
まだ真っ暗だが外に出て少し風にあたってからベッドの上で音楽を聴きながらウトウトしたりしてみたが、その間にも何度もトイレに行った。
移動の日に限っておなかが痛くなるのはなぜだろう。移動前に辛いものを食べるのはもうよそう。。。

朝食後、荷物をまとめてレストランで待機していると、また雨が降ってきた。もう・・・。することもなく庭を眺めてぼーっとする。
そのうち無事雨もやみ、10時すぎにバンガローを出発。クラビーの学校に行ってるというオーナーの娘さんと思しき女の子(里帰りしていたようだ)と一緒に車で船着場へ行きボートで海を渡り、迎えにきていたピックアップトラックでクラビーに向かう。トラックの持ち主はどうやら娘さんとは知り合いみたい。

エアコンの効いたトラックで1時間ほどでクラビーに到着。
今晩の夜行バスでバンコクに戻る(もうチケットは買ってあるのだ。VIPバス。)のだが、まだまだ時間がある。
夜行バスのチケットを買った店に荷物を置いてクラビーの街へと飛び出した。

まずはデパートをのぞいてみた。スニーカーも日本で買うより安いし買おうかどうかかなり迷ったけど買うのはやめた。CDやDVD、VCDもいろいろ見たが、結局何も買わなかった。
デパートを出て民芸品屋でみやげを買い、屋台飯を食べた。やっぱりいいわぁ、屋台っていうか大衆食堂っていうか。
空が真っ暗で雨が降りそうなのでネット屋に非難。するとすぐに雨が降ってきた。


(交差点。何これ??)

1時間ほどネットしているうちに雨もやんだので荷物のところに戻り、みやげ物をパッキング。
すると、まだ途中なのに向かいの港のほうでバスを待ってろという。言われていた16時にはまだ早いけど、もうバスが来るのだろうか??
少し待つとピックアップのバスが来た。よくわからないが言われるままにバスに乗り込むと、街から少し離れたところで降ろされた。どうやらここでバンコク行きのバスを待つらしい。
聞けばバンコク行きのバスは17時発だという。おぉ、まだ1時間もあるではないか。そんなに急がせないでよ。。。
そして、これも今知ったが、どうやらバスはカオサンに着くらしい。すぐに空港に向かわないといけないから別にカオサンに用はないけど、、、まあいいか。カオサンからならエアポートバスもあるからタクシー使わなくてすむし。


(アップにしてみました)

そうして17時に来たバスは普通のバス。ローカルバスよりはいいバスだけど、「VIP」って感じじゃないけどなぁ。
2時間半ほど走ってスラーターニーのtravel agencyでバスを降ろされた。またここでバスを乗り換えるらしい。
少し時間があったので奥にあるレストランでご飯を食べたが、値段は高いくせに冷めててまずかった。チャーハンがまずいなんてよっぽどだぞ。

そして、今度こそバスは2階建てでVIPっぽい。でも、座席間隔は広いけど背もたれを倒しても横にはなれない。インドの寝台バスって本当に寝台だったけどな。そういうの期待してたのに。。。
そして周りの欧米人がうるさくて眠れない。どなりちらしたい。てめーらうるせーーっ!!って。

0:30頃休憩タイムがあり、どこかのレストランで停車。こんな時間にご飯いらないし。タイ人が歌っているのか、へたくそなカラオケが聞こえてくる。
10分と言っていた休憩タイムは結局1時間だった。ずっとバスの中にいたが、一度起こされてしまうともうその後眠れなくなってしまった。
バスが出発すると、さすがに周りの欧米人も静かになったのでしばらく外を眺めていた。月が赤くてきれいだった。
どうせ明日はずっと飛行機だし、もうこのまま起きていようかとも思ったが、いつの間にか少し寝たらしく、目が覚めると5時半になっていた。どうやらもうバンコクに入っているような感じ。
そうこうしているうちに見覚えがある景色だなぁと思うと、やはりカオサンの近くで、あっという間に到着。
起きろ、おっさん。カオサンだぞ!!早くどいてちょうだい。

<前へ  目次へ戻る  次へ>



9、シボヤ島でだらだら生活3日目 - 2006.03.21 Tue

2006年1月7日

のんびりできるのはとうとう今日が最後となってしまった。まだまだ帰りたくない。
最終日ということで、少し島を探検することにした。バンガローに自転車があるか聞くと、ここにはないけどこの先に自転車を貸してくれるところがあるとか。行ってみると別のバンガローがあったが人の気配がない。あきらめて歩くことにした。


(ゴムの木。へぇ、こうなってるんだ・・・。)

何があるわけでもないが、ゴムのプランテーションを観察したり、島の人にあいさつしたりしながら歩く。なんとなく目的地は船着場と決め、そこに向かって歩いてみることにした。タイ人しかいないだろうに、なぜか交差点には英語併記の案内板があるから助かる。
それにしてもこの島の家にはみんななにやらソーラーパネルみたいなのが庭にある。太陽発電?すごいなぁ。
途中に学校があったが、やはり今日は土曜日だし学校は閉まってた。残念。イスラームだから金曜日も閉まってたのだろうか?あまりよくは知らないが、どっちにしても今日は閉まっている。

目的地の船着場は思ったより遠かった。でも途中でやめるのがなんか気に入らなくて、少々バテ気味になりながらも船着場へ到着。まー、そこは思った以上に何もなかった。しかも工事中だった。
たぶんここからボートに乗るとBan Leam Kruat(?)に行くのだと思う。ちょうどボートが着いてボートから降りてきた人がいたが、一人しか乗っていなかったようだ。本土に行くにはBan Leam Hin(と思しきところ)に行くほうが一般的なのかもしれない。


(船着場らしき場所。見事に何もない。)

どうせどこへ行っても何もないだろうし、別の道を通って帰るほどの体力もなかったため、来た道を引き返すことにした。
途中の家でおっさんがバイクで送ってやると言ってきた。歩けないわけでもないし、一度は断ったが、後ろから追いかけてきて乗れっていうので、そこまで言うならありがたく乗せてもらうことにした。おっさんが何か話かけてくるが、本当にタイ語がわからないのでまた「マイ カオチャイ」とだけ言っておいた。
バンガローに着くと、おじさんが何か言っている。なんだろう?タイ語わからないよ。「寝る」っていう言葉を言ってるような気がするけど、意味が全然わからない。部屋に来られても困るし、とにかくお礼を言って振り切って逃げてきた。はぁ、何やってるんだよ私は・・・。
おっさん、お金がほしかったのかな?うーんお礼の気持ちくらいあげればよかったかな。ごめんな、気が利かなくて。


(とある道。)

ところで、今朝ここからジャム島へ向かった人たちがいたようだ。ジャム島では直接シボヤ島には行けないって言われたんだけど、こっちからは行けるのか? バンガローでボートを手配してくれるのかもしれない。だったら先にこっちに来ればよかったよなぁー。ま、もう遅いが。

昼ご飯を食べに行こうかと思ったとたん雨が降ってきた。こりゃ自転車借りてあちこち走り回ってたらズブ濡れになったかも。早く帰ってきてよかった。
雨が弱まったところでレストランに行き、昼食。時間がずれたからか客も少なく、やっとスタッフの人と少し話ができた。
でもちょっと話をしたら、やることあるからって行ってしまった。こっちももっと時間があればいっぱい話もできたんだけどな。つまらん。まあ、誰もが一日中暇にしてるわけじゃないもんな。普通に考えれば当たり前の話だ。働いている人は、暇な旅行者とは違うのだ。

そうそう、誰が持ってきたのか、本棚にふるーい地球の歩き方があった。18年も前。すげー!!
興味深々、中を見てみたら今のやつに比べたら地図もしょぼいし、写真も少ないし、情報も少ないけど、なんか頑張って作ってる感じが伝わってくる。大学生が取材したりしてるし。すごいな。っていうか、大学生が作ってたのか、ガイドブック?
午後はベランダで読書をした。夕方になってまた雨が降ってきた。今日は夕日は見れそうにない。
最後の晩餐は、トムヤム・シーフードとヤム・ベジタブルを食べた。一つ一つはそんなに辛くないのに、両方食べてると相乗効果かどうかわからないが、口の中がものすごく辛くなった。


(モスクらしき建物。島にはいくつかモスクがあるようです。)

<前へ  目次へ戻る  次へ>


鉄腕ダッシュみました。 - 2006.03.19 Sun

ブログに書いた以上、「鉄腕DASH」見ました。
大なまず!すごいですねぇ~。高級魚とは聞いていましたが、まだ食べたことないでがやっぱりいずれ食べてみたいです。
カンチャナブリに行ったら食べられるんでしょうかね?実はまだ行ったことがないのですが、なんだかすごく行きたくなりましたよ。
メコン川沿いの街で食べようと思えば食べれたのにチャレンジしなかったことが悔やまれます・・・。

食材ウンヌンより、カンチャナブリのあの湖のへんとか行きたいですね!
カピ作ってるところとか、ナンプラー作ってるところとかも見てみたい!

今晩の「鉄腕DASH」にタイの食材が出てくるらしい - 2006.03.19 Sun

いまさら書いても遅いとは思いますが、、、それにご存知の人はもうとっくに知っていると思いますが、、、さっき新聞のテレビ欄を見て知ったのだから仕方ありません。
今日の「鉄腕DASH」にタイが出てくるようですね♪
ご当地食材で料理を作るコーナーです。何作るんですかね。知ってるところ出てくるかな?

↓↓以下は番組ホームページからの抜粋です。↓↓

「ご当地食材でこだわり料理作れるか!? inタイ」

日本各地に根付いたその土地ならではの食材の数々。それを使った「食」は人間の生活と大きく結びついており、地域によっていろいろな形で息づいている。しかしそれらは、その土地のものでありその場所でしか味わうことはできない貴重な食材。
ならばそんなご当地食材、自分の力で探し集め味わってみたい!そして、せっかく味わうならば旬の一番おいしいものを!
そこで今回の舞台は、アジアの真ん中タイ王国!熱帯地域の温暖な気候により食材の豊富なタイは、アジア各地の食が入り混じる独特の文化を持っている。さらに、日本では食べられない食材も数多い!
果たして、言葉も通じない異国の地で食材を集め料理を完成させることはできるのか!?




8、シボヤ島でだらだら生活2日目 - 2006.03.19 Sun

2006年1月6日

日記を書かないと今日が何日で何曜日だかわからなくなる(まだ何日目でもないけれど)。そのためにも日記は大切だ。
でも同時に現実に直面して悲しくもなる。つい残りの日数を数えてしまう。あと二日しかのんびりできないなんて。。。まだ帰りたくない。

早起きしてビーチに出てみると、水が引きまくっている。昨日の午後は水があって歩きにくかったところも、水がないと歩きやすい。午後には水につかっていた木のところまで歩いて行ってみることもできる。
朝日が少しずつのぼってきてビーチにも自分にも少しずつ日が当たってくる。とても気持ちがいい。


(潮引きまくりの状態)

午前中はビーチで横になろうと思ったが砂が湿っていてビミョウ。乾いていそうなところを選び、服を着たまま布の上でゴロゴロしながら一人タイ語の勉強をした。
静かだ。周りに全然人がいない。


(ヤシノキ林)

午後は昼寝をしてから、自分のバンガローのベランダで読書。やることないからきっと読書がはかどるだろうと思ったが、本を読むと眠くなるし、全然はかどっていない。
そうこうしているうちに夕日の時間。今日はあいにく雲に隠れてしまったが、それでも空はきれいだった。
そしてまた一日が終わる。こうやって文章にしてみると、本当に何もしていないらしい。


(今日もきれいな夕日)

夕食はあいかわらず一人だ。一人なのは構わないけど、バンガローのスタッフたちはみんな忙しいのかあまりかまってくれないのが少しさびしい。
私にとってはしつこいくらい話かけてくれる宿とかレストランがあっているのかもしれない。特に一人の場合は。

ところで、私がいつも一人でいるのをかわいそうに思うのか、たまーに欧米人のおじちゃんが話し掛けてきたりするのでどれくらいここにいるのか聞いてみたら7ヶ月とかいってる人がいた。
うーん、全員に調査したわけじゃないが、結構長くいる人が多いみたいだ。自分のバンガローを持っている人もいるし。うらやましい限りです。


(myバンガロー。最安の200B。値段はいろいろ選べます。)


<前へ  目次へ戻る  次へ>


ソーキそば - 2006.03.17 Fri

20060317193618


会社の近くの沖縄の店。しばらく行かないうちに、1階の食べる場所が増えていました。でもメニューはそばだけ。
昨日も豚角煮食べたのに、あぶりソーキそばセットです。
でもやっぱり肉うまー!

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Search

RSS

Profile

らお子

QR Code

QRコード

Links

このブログをリンクに追加する

Visitors

Recommended Items

☆ブログランキング参加中


☆毎日Click!!
募金サイト イーココロ!

JWordsのクリック募金 
↑一日30円!!





【楽天市場】旅行・出張・ホテル・チケット


簡単旅日記&アルバム
旅行専門ブログサイト トラベログ
旅行のクチコミサイト フォートラベル

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。