topimage

2004-09

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


めざせ現地調達 - 2004.09.29 Wed

どうもテーマや目標を決めるのが好きみたいです。(それが達成できようとできまいと・・・)

今回は荷物についてです。
荷物についての目標は、

・荷物を軽くする(できれば7kgくらいにまとめたい)
・日用品はなるべく現地調達する

です。

わたしは日本でも普段から荷物が重いのです。自分でもなぜだかよくわかりません。
旅に出るときは35~40リットルのバックパックとサブバック(とお土産用バッグ)を持って行きます。
最近少しは荷物を減らせるようになってバックパックは10kg以下にはなったのですが、もっと軽くできるのなら軽くしたいところです。

もう少し減らせる部分がないわけではないのはわかっています。
現地で買えるものを日本から持って行くのがいけないのです。
わかってはいるのですが、ついつい日本から持って行ってしまいます。
100円で何でも買えるから日本で買ってもいいかな~という気もしなくはないのですが。。。
とりあえず今回はシャンプー・リンス・ボディソープだけは現地で買おうと思います。今まで日本からボトルを背負って行ってましたので(笑)
他に余計なものが今は特に思い付かないのですが、荷物を用意してみたときにきっと何か混じってることでしょう。

それから、考え中のもちものがいくつかあります。
カメラ、スニーカー、ポータブルCDプレイヤーです。
そのうちこれらについてもツラツラとひとりごとを言うつもりです・・・。
スポンサーサイト


ムンバイ Mumbai 2 - 2004.09.27 Mon



エレファンタ島

Aさんは具合が悪いようで私の部屋のベッドで寝ていたいそうなので、私は一人でエレファンタ島に観光に行くことにした。
エレファンタ島行きのボートはインド門の辺りから出るらしい。インド門まで行くと早速ボートに乗るか?と声をかけられた。言われるがままについていくと、90Rsもとられた。それなりに大きな船ではあったが。もっと安いボートもあるはずなんだけど、インド人もいっぱいいたし、ちょっとリッチな気分を味わうのもよいか(270円くらいだし)。
1時間ほどの航海の末、エレファンタ島に到着。エレファンタ島にある石窟寺院は実は世界遺産です。今回は結局時間がなくてアジャンタ・エローラには行けなかったから、ここでそれにちょっと似たものを見ようということで訪れた。『歩き方』にもムンバイ市内の観光を後回しにしてでも見に行けと書いてあった。
だからわざわざ行ったのです。でも、さすが世界遺産。5ドルもとられました。
ここに5ドルを払うのは高すぎる。すぐに見終わってしまった。見るところが少なすぎる。アジャンタ・エローラと比べるのはアホらしい。これだったらマハーバリとかハンピで5ドル払うべきだった。
かなりテンション下がり気味で一人でさっさとボートまで戻ってきてしまった。帰りの船が出るまでまだ時間があるようだ。
ボート乗り場の前の売店でジュースを飲み、話をして時間をつぶすことにした。みやげもの売りの兄さんがやたらとしつこかった。物々交換を持ちかけてくるのだが、ほしくないのだから仕方ない。

そういえばエレファンタ島でインド人?と写真を撮らされた。お母さんと息子だろうか?息子といってももう大人だ。若くても18歳くらいか?
この人たちとはムンバイに帰ってきてから偶然2回も会った。
1回目は宿で一休みしてから街にでかけようとしたとき。ばったり出会った。
2回目は夕飯を食べにレストランに入ったとき。宿の近くのレストランにフラフラっと入って席に座ったら、斜め後ろにその二人がいた。すごい偶然だー。彼らも近くに泊まっていたのかもしれない。
彼らはエレファンタ島で撮った写真をすでにプリントしていたので、見せてもらった。まあまあよく撮れていたので安心した。
私は写真うつりが悪いので写真に撮られるのが好きではない(写真うつりが悪いのか元々が悪いのか・・・)。写真を撮られると目をつぶっている率が高いし。
写真は撮られるより撮るほうが好きだ。


<前へ  目次へ戻る  次へ>


ムンバイ Mumbai 1 - 2004.09.26 Sun



大都会ムンバイに到着

朝6時ころムンバイのヴィクトリア・ターミナス駅に到着。ぐっすり寝て、1時間前から準備をしていたので降りるときも余裕だった。
っていうか、この駅でかっ!!プラットフォームも長いけど、駅の構内も広すぎる。こんなところに一人で来たら絶対迷子になってしまうに違いない・・・。

駅の外に出て、とりあえずタクシーでAさんと一緒にインド門まで行くことにした。
Aさんはこの日の夜の列車でムンバイを出るとのこと。私はムンバイに1泊して翌日の飛行機で日本に帰国なので、私の部屋に荷物を置かせてあげよう。
タクシー料金は意外に安く、リキシャーと同じ感覚で使っても平気そうだ。タクシーの中に料金表もあった。
インド門から、『歩き方』に載っていたホテルを目指して歩く。私が目をつけていたところは、同じビルにホテルが2つあって上の階のほうが安いと書いてあった。
しかし実際に行ってみると、上の階はシャワー・トイレ共同で350Rs、シャワー・トイレ付だと600Rs。ムンバイの物価が高いことは承知の上だが、そんなには出せない。
下の階はシャワー付のシングルで400Rs。なぜかトイレは共同だけどうーん、まあいいか。ということで、下の階のホテルに決めた。宿のオヤジは私たちに起こされたからか機嫌が悪そう。けどもう7時だし、そろそろ起きようよ・・・。

部屋に荷物を置いて二人で朝ごはんを食べに行く。
しかし、もう7時だというのにまだ街は静かだ。人が歩いていない。都会の人間は朝が遅いのだろうか・・・?
レストランもみんな閉まっている。やっと見つけた店も、料理は8時半からだという。でも10分待ってればサモサくらい作ってやるよと言ってくれたので待っててサモサとチャイの朝食。

朝食後部屋に戻る。
Aさんは具合が悪いようだ。電車の中にいるときから具合が悪かったらしく、結構つらそう。ベッドを使わせてあげることにした。
その間私はシャワーを浴びたかったのだが、この部屋のシャワー、なぜかドアがないのだ。いくらAさんは寝てるとはいえ、目を覚まさないとは限らない。
共同トイレにもシャワーがついているので、仕方なくそのシャワーを使用した。
私の部屋なのにどうして私がこんなに気をつかうんだろう・・・。でも彼がいなかったら私は列車に乗れなかったから仕方ない。それに彼は病人だし。
シャワーを浴びて部屋に戻ってくると、部屋のファンが消えていた。う、蒸し暑い・・・。せっかくシャワーを浴びたのにすぐに汗だくになってしまう。
私の部屋なのに・・・。


<前へ  目次へ戻る  次へ>


なまえ - 2004.09.25 Sat

ラオ語のお勉強を始めたところですが、文字の読み書きは1か月ではマスターできる自信がありません。
母音と子音の組み合わせだけならいいのですが、声調まで絡んでくるのでなかなか大変です。
対応表みたいなのを見ながらでもどうにか読めるようになるといいのですが、それでもえらく時間がかかりそうです。

それはそうと、ラオ語の発音にはどうやら「J」の発音はないらしいのです。ジャ、ジュ、ジョとか。
そうしたら、「ジェニファー」とかダメじゃないですかね。せっかく名前考えたのに。
近いのがチャ、チュ、チョなのでジェニファーだったら「チェニファー」、ジュンコだったら「チュンコ」になってしまいます(笑)
だから名前発音しずらそうだったのか。
ん~、チェニファーでもいいかぁ・・・。

ラオス人ぽい名前を考えましょうか?ラオス人ぽい名前ってどんなのなんだろう。。。
ラオスで会った女の子は「ロン」ちゃんと「コン」ちゃんでした。
ラオ語の本に出てくるのは「チャムパー」さん、「マニー」さん、「ソムチャイ」さん、「マリ」さん、「ナパー」さん、「ソムワン」さん・・・という感じです。

英語名にするかラオス名にするか・・・。まあ、日本名でいいんですけどね(^_^;)


アジア旅気分を盛り上げる - 2004.09.24 Fri

会社の近くのスーパーで古本市をやっていたので、なんとなくのぞいてみると、、、
あぁ、発見してしまいました。下川裕治さんの本たちです。3冊もありました。
前から古本屋で見かけたら買おうと思っていた本たちだったので、迷わず全部買ってしまいました。

どれか持っていそうな気もするのですが、中身を見ても思い当たらず・・・。
まあ、いいやどれも200円以下だし。

ついでに東南アジアの歴史の本も買ってみました(笑)。
お勉強です。

旅行に持って行く本を買うつもりだったのですが、これじゃすぐに読んでしまいます(^_^;)
そのうちまた古本屋に行かなくては。

旅に持って行くのはどんな本がいいのでしょうねぇ?
私は別にこだわりはなく、家にあるけどまだ読んでなかった本を適当に持っていきます。
どうせ持っていっても、文庫本1冊なかなか読み終わらないので。
本を読んでると寝てしまうんですもの・・・(笑)


今日買った本
アジア達人旅行(徳間文庫)
アジア極楽旅行(徳間文庫)
アジア漂流紀行(徳間文庫)
世界の歴史〈18〉東南アジア(河出文庫) ←これのはずなんですが、値段が違う。なぜ??

その他の下川裕治さんの本たちはこちらからどうぞ↓
下川裕治さんの本たち

どこに行こうか? - 2004.09.24 Fri

先日からラオスだけでなく中国やベトナムにも足を踏み入れたいなーと一人で悩んでいるのですが、その後の経過です。
直接誰かに確かめたりはしていないので、インターネットで検索した結果ですが・・・。

ビザなしで陸路で国境を越えたという情報がなかなか見つからず、あってもビザなしでOKだった人もいればダメだった人もいたりという感じ。ビザなしで陸路の国境越えは不安がありそうで、どうせ時間もなさそうだしあきらめようと思う。

どうやら中国はビザなしでも大丈夫そうだが、ベトナムの方が怪しい感じという情報を見つける。中国だけ入ってまたラオスに戻るというのもアリかと考えはじめる。

中国、ベトナム両国ともノービザで陸路国境越えでも問題ないかも!?という希望の光を発見。それがこちら。
旅行人の掲示板なのですが、ココ(中国ビザ)とか、ココ(ベトナムビザ)とか、ココ(中国・ベトナム国境)とか。

行けるとなると行きたくなりますねぇ・・・。でもキツキツで移動ばかりになるのはイヤなので。
まだまだ悩み続けます。
まぁ、今いくら悩んだとしても出たとこ勝負みたいなところはありますから。

それより、こんなのを見つけてしまったばかりに不安をかきたてられています・・・(-_-;)
国道13号線は人通り?も多いし大丈夫だろうと思うのですが、サイソンブン特別区とかサムヌアとか危ないのかしら。。。
あんまり辺鄙なところ(しかも陸路で)には行かないほうが懸命ですかねぇ・・・。


リコンファームの思い出 - 2004.09.22 Wed

リコンファーム続きです。

下に書いたとおりリコンファームが苦手な私ですが、もちろん今までにリコンファームをしなければならなかったこともありました。
毎回人の助けを借りまくってなんとか無事飛行機に乗ることができています。


その1 ビーマン・バングラデシュ航空のバンコク往復で東南アジアに行ったとき

リコンファームの期限ギリギリの時点で、私はタイのチェンコンという田舎街にいました。
メコン川を挟んで反対側はラオス。ラオスからタイに入ったばかりでした。
しかももう夕方です。オフィスが閉まったら終わりです。早くリコンファームをしなければ・・・。

意を決して道端の公衆電話から電話をかけてみたものの、繋がりません。
電話の使い方が間違っていたのか、それとも電話が壊れていたのか・・・?
とにかく急がなければならないので、何の店か忘れましたが(地図とかを売ってた気はする。おばちゃんは英語を話せた。)、その辺のお店で電話を借りて電話をかけてみました。

しかし、電話は繋がりません。
店のおばちゃんが電話帳でビーマンのオフィスの番号を調べてくれて、その番号にかけてみたら繋がりました。どうやら日本の旅行会社(H.○.S.)でもらった電話番号が間違っていたようです。
電話が繋がったので、「リコンファーム、プリーズ」と言って自分の名前を言ってはみたのですが、相手が何を言ってるのかさっぱり聞き取れません。本当に英語で話してたのか??ってくらいわかりませんでした。
焦った私は思わずおばちゃんに電話を代わってもらい、リコンファームをしてもらったのでした。
おばちゃん、あのときはどうもありがとうございましたm(_ _)m


2、エア・インディアでインドに行ったとき

この時はゴア(パナジ)のエア・インディアのオフィスに行ってリコンファームしました。
「リコンファーム・プリーズ」と言ってチケットを渡しただけで終わりました。簡単です。
インドの大きな都市にはエア・インディアのオフィスがありますので、インドにエア・インディアで行く場合はこれが一番確実ですねー。


3、エジプト航空のバンコク往復で東南アジアに行ったとき

このとき初めてOPENチケット(帰国日を現地で変更できるチケット)なるものを購入しました。
30日OPENのチケットで、最初は21日間で帰る予定でしたが、せっかくなので一週間延長することにしました(確信犯)。
一緒にラオスに行った人が先にバンコクに戻るというので、図々しくもエジプト航空のオフィスに行って帰国日を変更してもらうようにお願いしました。
変更できなかったらさっさとバンコクに戻って帰るつもりでしたが、無事変更ができたとのこと。
おまけにリコンファームもすませてくれたそうで、結局私は何もしなくてすみました。
チケットに紙がくっついてるだけだったので帰るときはちょっとドキドキしましたが無事に飛行機にも乗れて、帰ってくることができました。めでたしめでたし。


またエア・インディアでバンコクに行きますが、バンコクにいるのはほんのちょっとだけだと思うのでエア・インディアのオフィスに行くのは難しそうです。
やっぱり電話しかないですかねぇ・・・。
4年前より(自分が)英語が通じるようになってるといいのですが。。。


おまけ
Biman Bangladesh Airlines
Egypt Air
AIR INDIA

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Search

RSS

Profile

らお子

QR Code

QRコード

Links

このブログをリンクに追加する

Visitors

Recommended Items

☆ブログランキング参加中


☆毎日Click!!
募金サイト イーココロ!

JWordsのクリック募金 
↑一日30円!!





【楽天市場】旅行・出張・ホテル・チケット


簡単旅日記&アルバム
旅行専門ブログサイト トラベログ
旅行のクチコミサイト フォートラベル

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。