topimage

2004-04

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


GWだ~♪ - 2004.04.29 Thu

とうとうGWに突入です。
海外には行けませんが、まず一発目に郡山(福島)に
行ってきまーす。
スポンサーサイト


9/6 コーン島→パクセ - 2004.04.28 Wed

パクセへ
ゲストハウスのおばちゃんに聞いたとおり、道端で6時にパクセー行きのバスを待つ。
すぐ隣に市場があり、みんな買い物に来ている。
結構グロテスクなもの(カエルとか)売ってたような気がしたけど定かではない。
おもしろかったのにな。残念ながら写真がない。というか、コーン島の写真がたった一枚しかない・・・。
かなり待ったが、バスは来た。近くにいたおばちゃんが教えてくれた。
私は道端でバスを待ってたのに、このバス、いろいろなホテルを周って外国人を乗せて行くではないか。
一周して市場のところまで戻ってきたよ。なんてことだ・・・。
そんなこんなでバスごとフェリーに乗って川を渡り、国道13号線をひたすら北上。
で、パクセに着いた。
バスターミナルからトゥクトゥクで『歩き方』に載っているでっかいホテル(チャンパサックパレス)の近くで降ろしてもらう。
少し歩いて『歩き方』に載ってる安宿にチェックイン。

パクセでしたこと①
散歩がてら、イチかバチかで郵便局に行ってみた。土曜日だけど開いてるかなぁ・・・?
お、開いてた!!
ポストカードを買って、その場で適当に書いて日本に送った。
うん、これだけでもパクセに来たかいがあった。

パクセでしたこと②
さびれたショッピングセンターで買い物をし、金行で両替をした。
ショッピングセンターは2階か3階まであり結構広いんだけど、1階にしか店がない。
一度帰ってから、後でもう一度金行に行って両替をした。ちょっと多かったか・・・。

パクセでしたこと③
宿のすぐ近くのベトナム系のお店でお昼ご飯を食べた。
日本語の「情報ノートあります」の文字が気になっていたが、特に何も言わずにいた。
そしたらおじちゃんが情報ノートを持ってきて見せてくれた。
結構昔から日本人が来ていることに驚いた。あとでチャンパサックのおやじのことを書いてやろうと思う。
結局夕飯もここで食べた。日本人がいたので一緒にご飯を食べ、情報ノートにカオプラヴィハーンのことと、チャンパサックのことを書いてみた。

パクセでしたこと④
ショッピングセンターではなく、にぎわっているであろう市場へ行った。
バスに乗るとき寒いので、ウィンドブレーカーを買う。アディダスって書いてあるけどうそくさい。
かわいいTシャツでも買おうと思ったが、あまりいいのがなかったのでやめた。

パクセでしたこと⑤
宿の近くで久々にメールをした。
デット島にはそんなものなかったから。

充実した一日だった。



参考
バス コーン島(ムアンコーン)~パクセ 20,000K 約3時間
トゥクトゥク バスターミナル~チャンパサックパレス 5,000K(もうちょっと安く行けたかも)
トゥクトゥク ホテル~市場 2,000K
両替 50$→532,000K

本日のお宿 Phonsavan GuestHouse
シングル シャワー・トイレ共同 20,000K

おすすめレストラン
Phonsavan GuestHouseのすぐ近くの「LIENなんとかRESTAURANT」
ベトナム系のお店。
日本語情報ノートあり。
コーヒー豆も売っている。(ラオス南部はコーヒーの産地)


<前へ  目次へ戻る  次へ>


9/5 デット島→コーン島 - 2004.04.28 Wed



お別れ
今日Y子さんとT子さんはデット島を出て、タイに戻るとのこと。
私はまだラオスにいるつもり。今日でお別れです。短い間だったけど楽しかったです。
T子さんに私のチケットを預け、T子さんからラオスの『歩き方』を借りた。
というのは、私の旅の予定は3週間だったが、出発を延期できたら延期しようと思っていたから。せっかくのオープンチケットだし、もっと旅をしていたかったから。
バンコクに戻るT子さんに、エジプト航空のオフィスに行って出発日を変更できるか聞いてもらうことになった。
延長が可能だったらビエンチャンでビザを延長してもいいかなぁと思っている。
デット島もなかなか居心地がよかったんだけど、とりあえず2人と一緒に島を出ることにした。
ナカサンまで一緒に行って、私はそこからコーン島へ行くことにした。

アクシデント発生!!
おばちゃんがバイクでコーン島に行くというが、どうしても3$からまけてくれない。
別のお兄ちゃんが25,000kipで行ってくれるという。
ゲストハウスのお兄ちゃん(私たちは彼をジャッキーと呼んでいた。Y子ちゃんが、彼の鼻がジャッキー・チェンの鼻に似てるからって・・・)が頼んでくれたんだけどね。ありがとう。
バイクでナカサンからコーン島に向かう。
もう少しでコーン島に向かうフェリー乗り場というところで、なんとタイヤがパンク!?
お兄ちゃんが歩いてバイクを押し始める。え、まさか歩いて行くの・・・?
まあ、ここで一人取り残されても困るので後をついていく。
そしたら途中に修理屋さんがあった。
中にいるのは男の人ばっかりで、ビリヤードをしてた。
とりあえず座って見ている。言葉が通じないし、ヘラヘラ笑ってみる。これも思い出(笑)
なんとか隣のおじちゃんに、私が日本人だということくらいは通じたらしい。
しばらくして修理が終わった。再び走り出す。

コーン島
バイクごとフェリーに乗ってコーン島に渡るが、ここも何もない。
持ってるのは『歩き方』の地図だけだし、とりあえずホテルのありそうな方に向かってもらう。
と、なんとか『歩き方』の地図に載っているところまで来た。
『歩き方』に載ってるゲストハウスがあったので行ってみると、ナカサンからコーン島までバイクで3$といってまけてくれなかったおばちゃんの宿だった(笑)ラオスも狭い・・・。
『歩き方』では結構いい値段だったが、一応値段を聞いてみると、3$だそうな。
部屋はきれいだし、HOTシャワー付き。エアコンもついてる!?(エアコンはなかったかな・・・)
ま、断る理由もなかろう。
洗濯をして外を歩く。地図には銀行マークがあるが、みつからない。聞いてみてもよくわからない。
自転車でどこかに行く気にもなれず、ただ歩くだけ。
コーン島は大きいから全部歩いて周るわけにはいかない。別におもしろいものもなさそうだし。コーン島はもういいや・・・。
ゲストハウスの隣の川の上にあるレストランでご飯を食べた。
ビアラオがよく冷えててうまかった。



参考
ボート デット島~ナカサン 5,000K
バイク ナカサン~コーン島(ムアンコーン) 25,000K

本日のお宿 Souksan GuestHouse
シングル Hotシャワー・トイレ付 3$
きれいな部屋だった。コテージのような感じ。


<前へ  目次へ戻る  次へ>


9/4 デット島、コン島 - 2004.04.28 Wed



コン島
今日は朝から雨。川を眺めてぼんやりしてから準備を始める。
朝ご飯を食べているうちに雨もやみ、自転車でコン島へ向かう。
デット島からコン島までの道のりは結構遠かった。
雨の後で道もぐちゃぐちゃだし、結構ハードだった。自転車なんて普段乗らないし。
橋を渡ってコン島に入る。入るときにお金を取られる。
まずフランス植民地時代の機関車(ちっちゃい・・・)を見て、ソンパミットの滝へ。
コーン・パペンのような見晴台もなく、自然そのもの。なのでかなり近くで見れた。

ドルフィン
滝で涼んでから川イルカを見に行くことにした。途中でボートに乗るかと声をかけられたが、ボート乗り場に行けば誰かいるだろうと思い、ボート乗り場へ行ってみる。
着いた。誰もいない・・・。何もない。ここ本当にボート乗り場?乗り場もない。ボートもない。
場所を間違えたのかもしれないけど、仕方ないのでさっき声をかけられたお家まで行ってボートを出してもらう。
イルカはカンボジアとの国境付近で見られるらしい。
で、着いたところは国境?かよくわからないけど、島だった。
うーん・・・。「ボーダーポリス」って書いてあるんだけど・・・?
なんとものどかなところ。ポリスのにいちゃん&おじちゃん、釣りしたり昼寝したりしてるもの。
それより、イルカを見るのは川の上から見ると思ってたのにこっから見るの?どうなのよ。遠いよ。
まあ、雨季だし、イルカなんて見られるとは思っていなくて、期待もしていなかった。
川岸でボケーっとしていると、遠くに背びれが見えた!!
あれ、イルカ!?
かなり遠くだけど、はっきり見えた。背びれだけだけど。
それでもかなり嬉しかった。来てよかった~。

夕日
イルカも見て満足したのでまたハードな道を自転車で帰る。
私たちが泊まっているバンガローからは夕日が見えないので、夕日が見えるレストランに行ってみる。
でもまだ早いようなので、私だけ部屋に戻ってから出直したら、もう沈んでた・・・。
雲が出てたし、それほどよくは見えなかったと思うんだけど。
旅に出ると夕日とか朝日とかを見に行ってしまう。
他にやることがないからというのもあるけど、自然と共に生きてるって気がする(笑)。



参考
自転車 5,000K
コン島入場料 5,000K
ボート 25,000K(1人、だよなぁ・・・?)

本日のお宿 昨日と同じ


<前へ  目次へ戻る  次へ>


9/3 チャンパサック→デット島 - 2004.04.28 Wed



大雨
今朝は朝からどしゃぶり。どうして移動しようとするとこうなんだろう・・・。
これまで見たこともない、大型バス(ようするに普通のバス。トラックではない)でラクサムシップまで行き、そこでバン・ナカサン行きのバスに乗り換え。
Tくんは来た道をタイに戻るのでここでお別れ。短い間でしたが。
バン・ナカサン行きはいつものトラック改造バス。相変わらず人がいっぱい。かなりぎゅうぎゅう詰めでつらかった。

ラオ-カンボジア国境
ナカサンに着いた頃には雨もやんでいた。ここからデット島やコン島に向かうのだが、その前にコーン・パペンの滝に行くことにした。
が、ナカサンに着いてもトゥクトゥクなど全く見当たらない。もちろん車も。あれれ・・・?
とりあえず歩いていると、お兄ちゃんが声をかけてきて、コーン・パペンの滝に連れて行ってくれるという。
タクシーだって言ってたけど、実際は軽トラック。
これからカンボジアに向かうというアメリカ人と一緒に荷台に乗ってボーダーへ向かう。
ラオスからカンボジアに入れるなんて、このときは知らなかった。
今度はぜひこの国境を越えてみたい!
で、国境へ行ってみたが、タイ-ラオボーダーよりも、もっと何もない。
カンボジアのイミグレは島にあるとかで、ここからボートで行くらしい。
かなり高い値段を言われてたようだったが、アメリカ人はカンボジアに向かった。
一人じゃちょっと不安なので、誰か連れて来られたらこの国境来てみよう・・・。
ナカサンで車かバイクを見つけるのはそこまで難しくはなさそうだけど、この国境で見つけるのは難しそう。カンボジアから来てもなかなかナカサンまで行けないんじゃないだろうか・・・と思う。
ろくに英語も通じていなかったようだし。
まあ、それくらいのほうがラオスっぽくて好きだけど。

コーン・パペンの滝
アメリカ人と別れ、コーン・パペンの滝に向かう。
なかなか立派な見晴台のようなものがあった。でも人はほとんどいない。
滝は結構でかかった。噂通り、雨季なので、水が多くてにごっていた。濁流というか、洪水みたいな感じだった。
けど、涼しくて気持ちよかった~。

デット島
ナカサンに戻り、ボートでデット島に向かう。
島のどこかでボートを降ろされたが、右へ行けばいいのか左へ行けばいいのかわからない。
とりあえずボートからレストランが見えたほうへ向かって歩いてみる。
同じようなバンガローが何件か並んでいる。でも人はみかけない。
行き止まったところのゲストハウス(というかバンガロー)に泊まることにした。
1泊1ドルだって。安すぎ。もちろんトイレ・シャワーは共同ですが。
見るものはデット島ではなく、コン島の方にあるらしい。
明日自転車で行くことにしよう。歩くには遠い・・・。
さて、デット島、何もない。人もいない。すごく静か。でも何もすることがない。
ブラブラ歩いて(歩いたところで何もないが)、ご飯を食べる。
夕方になるとポツポツと欧米人が帰ってきた。結構泊まってる人いたのね。
今日もビアラオを飲んで寝る。ラオス最高!ビアラオ最高!



参考
バス チャンパサック~ラクサムシップ 5,000K
バス ラクサムシップ~バン・ナカサン 20,000K(これ多い)2.5~3時間
タクシー バン・ナカサン~コーン・パペンの滝 3人で5$
ボート バン・ナカサン~デット島 5,000K(3人で15,000K)

本日のお宿 KHANPHONG GUESTHOUSE
バンガロー トイレ・シャワー共同 1$
デット島の北側にある。レストラン併設。


<前へ  目次へ戻る  次へ>


旅に出たいーーー - 2004.04.28 Wed

旅に出たい~~~~。
前回タイとラオスに行ってから、半年経ちました。
既に息切れ気味。エネルギーを補給しないと・・・!
とはいえ、普通に会社で働いていたら、まとまった休みなんて取れないですよね。
私は土曜日会社に行ってもいいから、1か月まとめて休みがほしいーーー!!
でも、今の職場は1日休みを取るのもなんか気が引ける感じで・・・。
せめて一週間、いや二週間・・・休めたらなぁ。

社会人になって早2年が経ちました。旅に出たいけど出られない。
欲求不満。
1か月休みが取れる職場だったら文句ないけど、それが無理ならフリーターでもいいんだよなぁ。。。
バックパック背負って旅できるのも今のうちだけだと思うから・・・。

メル友は、会社勤めのくせに、しょっちゅう旅に出てる。
一人は外資系。比較的長い休みを取れるらしく、年に2回、2週間くらいずつどっか行ってるらしい。
彼はGW前後に休みを取って、既にヨルダン方面に出発しました。
もう一人は外資系じゃないと思うけど、一週間くらいの旅はしょっちゅうしてる。
この前もどっか行ってたと思うのに、GWはチベットだそうだ。
いいなぁーーーーーーーーーーーーーー。

あぁ、せめて一週間休み取れる職場に移りたい・・・。
それか朝から晩まで働きまくってお金ためて、半年くらい旅に出るのもよいか・・・。
今の中途半端な仕事じゃ全然お金たまらないし、バイトでもしなくては。

途中から文体が変わってしまいました(^^;
とりあえずお金ためないことには休みが取れてもどこにも行けないので、
なんとかお金を貯める方法を考えたいと思います・・・。

それにしても今日は暇すぎです。
おかげでひとりごとをいっぱい書けそうです。


9/2 チャンパサック、ワット・プー - 2004.04.28 Wed



ワット・プー
同行している女の子2人が、今日の午後シーパンドンに向かうというので、私も一緒に行くことにした。
なので、早朝からワット・プーへ行った。
私はY子さんと一緒にトゥクトゥクで行った。他の2人は自転車で既に出発していた。
ワット・プーまでの道のりはのどか。子どもが手を振っているのでこっちも振りかえす。
ワット・プーは世界遺産というけど、地味すぎる。他に観光客なんていないし。
修復もあまり進んでいなさそう。遺跡も草に埋もれていて、人が手で草を刈っていた・・・。
ラオスっぽくていいんだけどさ。

メインの遺跡から1kmのところにあるなんとかというモニュメントを見に行こうとしたら、大変なことになった。
1kmどころじゃ着かないし、なにより「道」じゃない。牛のフンは落ちてるわ、川は2つ越えるわ、雨は降ってくるわ・・・。
私はさっさと帰りたかったんだけど、なかなか言い出せず。
いい加減Y子さんもあきらめて帰ろうとしたとき、木の影に看板を発見!再び歩き出す。
そして、とうとう到着したのだが・・・そのにあったのはガレキの山(-_-;)
1時間歩いてこれかよ~(泣)!!もう笑うしかない。
そこにいた牛と一緒に写真を撮った。
まあ、今となればそれなりにいい思い出・・・かな!?

トモ遺跡
クタクタになってゲストハウスに戻った。
みんながいなくなってしまおうと、私は明日出発するつもりだった。
結局2人も明日出発することになったんだけど。ちなみにTくんはもう明日帰る。
午後が暇になったので、『歩き方』に小さーく書いてある、「トモ遺跡」とやらに行ってみることにした。
宿のオヤジの息子が舟を持ってるっていうんで、乗せてってもらった。
トゥクトゥクにバイクに舟に・・・なんでも持ってるなぁ。
オヤジいわく、舟で30分ということだったが、1時間くらい乗ってたと思う。
天気もよくなり、かなり暑かった。でもメコン川クルーズも気持ちよい。十分メコン川を満喫してる。
さて、トモ遺跡とやらは、遺跡というか、ただの廃墟。苔むした岩があっただけ・・・。
ま、これも思い出(笑)メコン川クルーズしただけで楽しかったし。
やはり仲間がいた方が行動の幅が広がるなぁ~。



参考
トゥクトゥク ワット・プーまで 15,000K
ワット・プー入場料 30,000K
ボート トモ遺跡まで 1艘10$(100,000K)

本日のお宿 昨日と同じ


<前へ  目次へ戻る  次へ>


NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Search

RSS

Profile

らお子

QR Code

QRコード

Links

このブログをリンクに追加する

Visitors

Recommended Items

☆ブログランキング参加中


☆毎日Click!!
募金サイト イーココロ!

JWordsのクリック募金 
↑一日30円!!





【楽天市場】旅行・出張・ホテル・チケット


簡単旅日記&アルバム
旅行専門ブログサイト トラベログ
旅行のクチコミサイト フォートラベル

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。