topimage

2017-09

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ラオ語マスターへの道11 - 2006.01.29 Sun

○年齢の尋ね方・答え方。

(あなた)は何歳ですか?
→(チャオ) アーニュ チャッ(ク) ピー?

(私)は何歳です。
→(コイ) 20 ピー.

簡単ですね。。。


○疑問文・否定文

疑問文のときは、文の最後に「ボー?」をつけるだけ。
否定文のときは否定したいものの前に「ボーメーン」を入れるだけ。

あなたはマニーさんですか?
→チャオ マニー ボー?

私は日本人ではありません。
→コイ ボーメーン コン ニープン.
スポンサーサイト


ラオ語マスターへの道10 - 2006.01.24 Tue

ラオ語本のご紹介です。

「新・すぐにはなせる ラオス語会話」
小此木國満 著  国際語学社  2730円

本屋に行ってまた衝動買いしてしまいました。
この本、数年前に買って持っているのですけどね・・・^^;
ラオ語に関するものだったら何でも集めて手元に置いておきたい気分なのです(笑)
前に買ったものは既に絶版になっているようだったのですが、「新」は表紙がかわいくなり、そしてCDが付きました。
中身が改訂されているのか、全く変わっていないのかはまだ見ていないのでわかりませんが、CDがついたのはいいことですね!

ちなみに、今習っているクラスで使っているテキストは「エクスプレス ラオス語」(白水社)です。CDがついているほうがおすすめ。
旅行で使うなら、「指さし会話帳」がいちばんとっつきやすい感じです。

他にもラオ語の本とか辞書とかあるのは知っているのですが高くて買う勇気が出ません。。。上記3冊はまあ買ってもいいかなと思える範囲です。
(さっきと言ってること違うかもしれませんが)

    

ラオ語マスターへの道9 - 2006.01.21 Sat

よし、やっと追いついた。
ここが今週のレッスンの内容です。

<例文>
A:コートー(ト), アーイB アーニュ チャッ(ク) ピー?
(失礼ですが、Bさん、何歳ですか?)
←アーイはお兄さん。年上の男性を呼ぶとき、「B兄さん」という感じ。
 親しみをこめてよくこういう呼び方をするらしい。

B:サーオチェッ(ト)ピー, チャオデー?
(27歳です。あなたは?)

A:ノーン カッ(プ) マニー アーニュ タオカン, サーオエッ(ト)ピー.
(私はマニーと同じ年で21歳です。)

B:オー, サンボー, ニャン ペン ナッ(ク)ヒアン クーカン ボー?
(あぁ、そうですか。まだ同じ学生さんですか?)

A:チャオ, メーンレーオ.
(はい、その通りです。)

ピー・・・~歳、年
アーニュ・・・年齢
ノーン・・・私(年上の人に対して言うとき)
カッ(プ)・・・~と
タオカン・・・同じだ(数量)
サンボー・・・そうですか
ニャン・・・まだ
ナッ(ク)ヒアン・・・学生
クーカン・・・同じだ(様子)
メーンレーオ・・・その通りだ

*親族名称
家族の呼び方を習いました。
おじいちゃんおばあちゃんやおじさんおばさんも父方と母方でそれぞれ別の呼び方があるため
結構大変です。。。
いくつかだけ書いておきましょう。
父・・・ポー
母・・・メー
兄・・・アーイ
姉・・・ウアイ
弟・・・ノーンサーイ
妹・・・ノーンサーオ ※ノーンだけで年下の兄弟姉妹をあらわすこともある。
息子・・・ルー(ク)サーイ
娘・・・ルー(ク)サーオ ※ルー(ク)だけで性別関係なく「子ども」をあらわす。
孫(男)・・・ラーンサーイ
孫(女)・・・ラーンサーオ ※ラーンだけで性別関係なく「孫」をあらわす。
夫・・・プア
妻・・・ミア

*2桁までの数字
数字がわかるだけでも買い物のときとか、乗り物に乗るときとか、便利なので覚えましょう!
2桁の数字はラオスでは年齢の話のときくらいしか使わないと思いますけども、、、
ほとんどタイ語と一緒なのでタイでも役に立ちます。
タイ語と違うのは「20」・・・タイ語は「イーシッ(プ)」 ラオ語は「サーオ」
あとは省略します。。。。すみません。


ラオ語マスターへの道8 - 2006.01.21 Sat

<例文>
A:プーナン メーン パイ? (そちらの方はどなたですか?)
B:アーイ コーン ハオ. (私の兄です。)
A:サバーイディー. (こんにちは。)
 コイ スー A, ペン ムー コーン B. (私の名前はAです。Bの友人です。)
 コートー(ト), チャオ スー ニャン? (すみません、あなたのお名前は何ですか?)
C:サバーイディー, コイ スー C. (こんにちは、私の名前はCです。)
 ニンディー ディーダイ フーチャッ(ク). (はじめまして。)

パイ・・・誰
アーイ・・・兄
コーン・・・~の
ムー・・・友達
コートー(ト)・・・すみません
チャオ・・・あなた
ニンディー ディーダイ フーチャッ(ク)・・・はじめまして、Nice to meet you

*人称代名詞
私・・・カーパチャオ(尊敬)コイ、ハオ(普通)グー(あんまり丁寧じゃない)
あなた・・・ターン(尊敬)チャオ、トー(普通)ムン(あんまり丁寧じゃない)
彼・彼女・・・パン(尊敬)ラーオ(普通)マン(あんまり丁寧じゃない)
複数形の場合は前にプアッ(ク)をつける。例プアッ(ク)チャオ→あなたたち

*名前は~です
(人称代名詞)+スー+名前(名+姓)

*私は~です(職業、所属)
(人称代名詞)+ペン+(職業・所属・身分等)
コイ ペン アーイ マニー. (私はマニーの兄です。)
チャオ ペン コン ファラン. (あなたはフランス人です。)

*所有
もの+コーン+所有者
マー(ク)キアン コーン チャオ (あなたのみかん)
話の流れでわかっていれば「~の」や「もの」を省略することも可能。

*あいさつ*
コー(ブ)チャイ(ライラーイ)・・・(どうも)ありがとう
ボー ペンニャン・・・どういたしまして、大丈夫です、気にしないで
パイ コン ドゥー・・・お先に、失礼します
ソー(ク)ディー・・・お元気で、さようなら、Good Luck
ラーゴーン・・・さようなら(去る人が言う)


ラオ語マスターへの道7 - 2006.01.21 Sat

お久しぶりです。すみません、レッスンどおりに書くのが間に合わなくなってしまったので一課ずつ書きます。

<例文>
A:アンニー メーン ニャン? (これは何ですか?)
B:アンニー メーン マー(ク)フン. (これはパパイヤです。)
A:アンナンデー? (それは?)
B:アンナン メーン マー(ク)ポー(ム) チャー(ク) チーン. (それは中国からのりんごです。)
 テー アンナン ボーメーン マー(ク)ポー(ム), メーン マー(ク)ムアン. (けれどもあれはりんごではありません。マンゴーです。)

ニー・・・この
ナン・・・その、あの
ニャン・・・何
メーン・・・~である
デー・・・~は?(同じ質問を繰り返すとき)
チャー(ク)・・・~から
テー・・・けれども
マー(ク)フン・・・パパイヤ
マー(ク)ポー(ム)・・・りんご
マー(ク)ムアン・・・マンゴー

*これ・それ
これ→アンニー
それ・あれ→アンナン
どれ→アンダイ

*これは~です
~です=メーン
これは○○です→アンニー メーン ○○.
それは○○です→アンナン メーン ○○.
どれが○○ですか?→アンダイ メーン ○○?

*何ですか?
わからないところに疑問詞「ニャン」をそのまま置く。
それは何ですか?→アンナン メーン ニャン(何)?

*~ではない
否定詞は「ボー」
「~である」の「メーン」の前につけて「ボーメーン」で「~ではない」
私はラオス人ではありません。→コイ ボーメーン コン ラーオ.
これは日本語ではありません。→アンニー ボーメーン パーサー ニープン.

果物という単語は「マー(ク)マイ」。
果物の名前には全部「マー(ク)○○」がついています。
*「マー(ク)マイ」の(ク)のようにかっこが書いてある字ははっきり「ク」と発音せずに飲み込む感じで発音しましょう。
ようするに、日本人苦手の子音で終わる発音です。「mak」。


ラオ語マスターへの道6 - 2005.12.07 Wed

もう6回もレッスンを受けてるのですね。あっというまです。
さて、私は文字を読むのが苦手で(復習してないからいけないんですが)まだ苦労が絶えませんが、今週からテキストに入りました。

テキストは前に自分で買って独学してたので、最初のほうは内容も覚えてるんですよね。
「こんにちは。私の名前は○○です。日本人です。ラオ語を勉強するつもりです。」

自分の復習をかねて、勉強したことを書いておこうと思います。
カタカナで書きますので、ちょっと正確ではない部分もあるかと思いますが。。。
皆さんもラオスに行かれるときはラオ語をちょっとでも使ってみてください~。

<例文>
サーバイディー. (こんにちは)
コイ スー ○○. (私の名前は○○です)
(コイ) ペン コン ニープン. ((私は)日本人です)
コイ スィ ヒアン パーサー ラーオ. (私はラオス語を勉強するつもりです)

<単語>
サーバイディー・・・Helloと一緒で朝でも昼でも夜でもこれだけでOK。
コイ・・・私 (ちなみに「あなた」は「チャオ(「チャウ」に近い)」)
スー・・・名前
ペン・・・~である
コン・・・人、~人
ニープン・・・日本
スィ・・・~するつもり
ヒアン・・・勉強する
パーサー・・・~語
ラーオ・・・ラオス

*ラオス語の順番は英語や中国語のように、主語+述語+補語です。
 私・勉強する・ラオス語(コイ ヒアン パーサー ラーオ)
 私・行く・ラオスの国(コイ パイ ムアン ラーオ)*ムアンは国

*日本語の助詞(てにをは)もなければ過去形もないし、男女の区別もないし、結構楽ですよ。

*ラオ語の場合、「日本人」は「人・日本(コン ニープン)」の順番になります。
「ラオ語」だったら「語・ラオス(パーサー ラーオ)」となります。
とにかく説明は後ろに後ろにくっついていきます。文でも句(節?文節?用語がよくわかりませんが)でも説明は後ろです。


ラオ語マスターへの道5 - 2005.11.29 Tue

今日からテキストに入っていくということでしたが、もいっかい文字の復習になりました。
今日から生徒が1名増えました。前に違うラオ語講座(チャリティ)で会ったことのある方でした(向こうは覚えてないでしょうが)。大学の先生かなにかだったと思います。うーん、進み早い。。。

全然復習してないからまだまだ厳しいです。
会話なら結構いけるんだけどなぁ。。。
でも、「サバイディー」とか「コープチャイ」とか読めるようになりました。感動・・・。やっぱり文字が読めたら嬉しいわ~。
ちゃんと復習しよ!うん、そうしよ。


NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Search

RSS

Profile

らお子

QR Code

QRコード

Links

このブログをリンクに追加する

Visitors

Recommended Items

☆ブログランキング参加中


☆毎日Click!!
募金サイト イーココロ!

JWordsのクリック募金 
↑一日30円!!





【楽天市場】旅行・出張・ホテル・チケット


簡単旅日記&アルバム
旅行専門ブログサイト トラベログ
旅行のクチコミサイト フォートラベル

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。