topimage

2017-07

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「ベルベット・レイン」(香港) - 2005.10.19 Wed

テレビCMをみて、何も知らないけどこりゃ観なきゃと思っていたので、早速観てきました。

インファナル・アフェアのパート2か?
出てる人も、話も。話はちがうか。でも似てる。
最後は「おー、そうきたかぁ~」とびっくり。
でもそれはそれでインファナル~を思い出させるし。

オフィシャルサイト

スポンサーサイト


「インファナル・アンフェア 無間笑」(香港) - 2005.07.11 Mon

勢いあまってレンタルしてきたのですが、、、なんじゃ、こりゃ!?
インファナル・アフェアのパロディです。
ところどころで笑えるところはあるんだけど、全体的に見てどうこうっていうわけでもない気がします。
けど、サムとかそのまま出ちゃってるし、インファナル・アフェアの本物を思い出して、あーこんなのあったよね、とか、なんで話がここにつながってんだ?とかいうツッコミいれどころはいろいろあります。
他の方のブログとかをチラッと見た限りでは、こういうのって好き嫌いがわかれるらしいです。
好きか嫌いかで答えるならは、「好き」なのかな・・・(^_^;)

作品紹介の参考はこのあたり
他にも結構ブログで取り上げられてるみたいです。


「アタックナンバーハーフ2全員集合」(タイ) 「ナンナーク」(タイ) - 2005.07.11 Mon

かなりいまさらな感じでタイ映画を観ました。

「アタックナンバーハーフ2」は前作のbeforeとafterの物語。ジュンちゃんの幼少時代から大学で仲間と出会うところや、チームが優勝したあとの仲間割れ(っていうかケンカ)と仲直りして宿敵?と戦うところなんかのお話です。なんで今回はあんまりバレーボールやってるところはなくてスポ魂な感じはありません。
持つべきものは友達、ですね。。。
オフィシャルサイト

「ナンナーク」は前からそのうち観ようと思っていたのにずるずるときていました。
夫婦愛(特に夫に対する妻の愛)って美しい・・・って思っていたら、ホラー・・・?だんなさんが好きで好きで仕方なかったんでしょうねぇ。うんうん。
オフィシャルサイト


「マラソン」(韓国) - 2005.07.07 Thu

予告を観ただけでなんか泣きそうになっていたので、こりゃあ号泣間違いないだろうと勢いこんでいったらそこまでいきませんでしたが、いい映画です。
心があったかく、幸せな気分になります。
映画館を出るときは自然と笑顔になっていると思います。

オフィシャルサイト


「インファナル・アフェアⅢ 終極無間」(香港) - 2005.04.23 Sat

待ちに待った3部作完結編!!
ヤンの殉職の前後の隠された真実が明らかに。

復習しないで見に行ったのもいけなかった。
おまけに時間があっちいったりこっちいったりするものだから、展開についていけず、ん?え?あれ?の連続でした。
私の頭の回転が遅いだけかもしれないけど、もう1回観ないとだめかも。
誰か、順を追って説明してくれませんか??
それと、Ⅰを観てから観たほうがいいかもしれません。
いずれにせよ、トニー・レオンかっこいい。

公式サイト

「オオカミの誘惑」(韓国) 「フェーンチャン~ぼくの恋人」(タイ) - 2005.04.06 Wed

今日はアジア映画2本立てで観てきました。

まず、韓国の「オオカミの誘惑」。
私の好みはテソンの方!
そんなことどうでもいいって?
それはさておき、ひどく切ないお話ですが、なにかしっくりこない感じがして素直に泣けない自分がいました。なんでだろうな。
インターネット小説の映画化です。


そして、タイの「フェーンチャン~ぼくの恋人」。
ノイナーちゃん(女の子)が超かわいいっ!!
ジアップ(男の子)もかわいいっ!
あと、悪ガキたちのキャラクターが好き。
ほのぼのした、甘酸っぱく懐かしい感じのする映画です。
どこの国もこどものすることなんて一緒ですね。ほんとに男はガキなんだからっ!

途中から電化製品が日本のメーカー(のすごーく古いやつ)ばっかだったり、男の子がどらえもんとかはっとりくんのTシャツきてたり、部屋にウルトラマンのポスターが貼ってあったりするのがすごく気になってしまいました(笑)。
なんでも監督さん(6人いるらしい!)たちは日本のアニメとか見て育った若い世代だそうで。

改めて思ったのですが、私は韓国よりタイが好きらしい。
もちろん韓国の映画も好きだし、レベルもずっと高いんだろうけど、そういうの関係なく全部ひっくるめてタイが好き。
あぁ、またタイに行きたくなってしまった。
やっぱりタイ語勉強しよう!!!


オオカミの誘惑
フェーンチャン~ぼくの恋人

「ONE TAKE ONLY」(タイ) - 2005.03.06 Sun

「RAIN」と同じくオキサイド・パン監督、パワリット・モングコンピシット主演作品。
パワリットくんがダメ男を演じてます。
「ONE TAKE ONLY」ってやっぱり「人生は一度きり」ってことなのかな?
私にはあんまりよくわからなかったんだけども。
個人的には映像とか、バンコクっぽい感じが好きです。
どうでもいいけどパワリットくんみたいなタイ人の顔好きなんですよねぇ。

ONE TAKE ONLY





NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Search

RSS

Profile

らお子

QR Code

QRコード

Links

このブログをリンクに追加する

Visitors

Recommended Items

☆ブログランキング参加中


☆毎日Click!!
募金サイト イーココロ!

JWordsのクリック募金 
↑一日30円!!





【楽天市場】旅行・出張・ホテル・チケット


簡単旅日記&アルバム
旅行専門ブログサイト トラベログ
旅行のクチコミサイト フォートラベル

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。