topimage

2017-07

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


突然ですが、ラオスです - 2008.01.17 Thu

久しぶりにバックパッカーっぽい旅行ができて楽しいです。やっぱり私の原点はここにあるのかなぁと思います。まあもう年なんであまりきついこととかつらいこととかはしたくないし、たまには贅沢もしたいと思うけれど、ゲストハウスで会った人と話たりするとやっぱり楽しい。

今、ルアンパバーンにいます。
カンボジアで生活し始めて1年ちょっと、いつでもラオスに行けるからと思っていたものの一度もカンボジア国内から出ませんでした。カンボジア国内もたいして旅行してないし、今年の目標はもっともっと旅行すること!

1年ぶりのルアンパバーンは旅行者がいっぱいで(特に欧米人。時期的なものもあるらしいですが)、メインどおりにおしゃれな店とかレストランが増えて値段も高くなったし、カーン川のほうには値段高くてちょっとおしゃれなバーとかできちゃってるし、シェムリアップ化してきてる・・・。

バックパッカー的には暮らしづらくなりましたが、それでもまだまだメインのエリアを外れれば静かなままです。コールドリバーも健在。今ハイシーズンとかいってツインの部屋60,000Kもとるけれど(一人利用だと50,000K。値下げ交渉したがダメでした)。そりゃぁちょっと高すぎじゃないかと思うのですが、ほかのところ探すのも面倒だし、今日はフリーディナーだし♪ここでいいです、もう。最近歩くの面倒で、コールドリバーだとちょっとメインから遠いと思うんですけどね、、、

コールドリバーで古い情報ノート見てたらおもしろかった。昔の物価とかわかるし、そういえばこんなダラダラしてたっけって(笑)。新しいノートにカンボジアのこともちょっと書いておきました。ぜひカンボジアも旅行してください。結構旅行しやすいです。

久々にムアンゴイにも行ってきました。4年近く経つけれど、まだまだ変化は小さなもの。相変わらず小さなメイン通りとのんびりした人々。犬とニワトリがいっぱい。自然もいっぱい。家族にも再会を果たせてよかった。

今回はほんと里帰りのつもりで来たので、観光もしないし何もしてない。今更寺に行くでもないし、写真撮るでもないし。。。

カンボジア帰ったら久々にこっちのブログも更新だ!
スポンサーサイト


ただいまです - 2006.07.22 Sat

日本に帰ってきました。
全然嬉しくないのはなんででしょうね。

気付いたら一週間ぽっちで写真を400枚以上撮っていました。びっくり。
ゆっくり写真整理してブログ更新していきます。

シェムリアップ最後の夜 - 2006.07.20 Thu

あーーーっというまに、もうシェムリアップ最後の夜となりました。
結局、どうしようか迷ったのですが明日はバスでバンコクまで行くことにしました。
まだ帰りたくないけど、かといってあと一日あってもやることないし。
結局ここは遺跡の入場券がなければどこにも行けないっていうのがつまらないですよね・・・。

ここ二日のレポートをしますね。
昨日は、バイクでプノン・クーレンという山へ行きました。所要1時間半くらいでチケット売り場に到着します。最後の30分くらいは舗装されてない土むきだしの道路でしたが、雨も降ってなかったのでそんなに大変でもなかったです。
チケットは20ドル。高いですねぇ・・・。クーレンはナショナルパークのようです。カンボジア人はお金払うのかどうか、不明。

チケット売り場から急に山道に入ります。本当に山道です。デコボコの道をバイクで登って行くのは結構楽しかったですよ!
で、30分くらい山道を登って目的地に到着。
でっかい大仏とかあります。お目当ての水の中にある彫刻は、、、ほんのちょっとだけしかなくて、しかも水が多くてよく見えません(爆)
でも、ここは滝があって、地元のひとたちのピクニックの場所になっているらしく、カンボジア人が遊んでるのを見るのもなかなか楽しいものです。お弁当を持ってみんなで来たいところですね。

次はクバルスピアンという遺跡に行く予定だったのですが、バイタクくんがここと同じでもっと小さいし、歩かなきゃ行けないよって言うのです。行ったことのある友人もたいしたことないと言っていたので、お尻も痛いし、んじゃいっか、行かなくて・・・ってことでバンテアイ・スレイへ。

バンテアイ・スレイはアンコール遺跡の入場券が必要。遺跡のまわりにロープがはられていて近くで見えないのでつまらない。
シェムリアップからバンテアイ・スレイまでの道はコンクリート舗装です。帰りは30分くらいで着いた気がします。

今日はトンレサップ湖へ行ってきました。
ゲストハウスのバイタクくん(昨日までとは別の人)が3ドルで行ってくれました。
湖は、ボートに乗らないと何も見えないというので、仕方なく20ドルも払ってボートに乗ってきました。
水上で生活する人たちの家を両脇に見ながらボートでクルージング(ってそんなに優雅なもんでもないですけど)するだけです。興味深いけど、20ドルは高すぎです。

トンレサップ湖の手前にあるプノン・クロムという山の上の遺跡を見に行こうと思っていたのですが、そこもアンコールパスがないと入れないと言われたので、行かずに戻ってきました。

午後は買い物をして(すっごいお金使いすぎな気がします。ケチケチしてるわりになんでそういうところで使ってしまうのか・・・)、夕方はプノン・バケンから夕日を見に行きました。
何が悲しくて2度も山に登るのか・・・。でも、きれいな夕日が見られました!行ったかいがありましたね。

そんなこんなであっというまにシェムリアップ最終日も終わってしまいました。
あーあ、まだ帰りたくなーい!!!!


シェムリアップ3日目 - 2006.07.18 Tue

昨日は疲れていたのでインターネットするのやめました。
そんなわけで昨日と今日の2日間のレポートです。

昨日は今泊まってるPopular GHのバイタクくんでアンコールワット周辺の遺跡をぐるっと回ってもらいました。
小回りコース(アンコール・ワット、アンコール・トムと近くの遺跡)と大回りコース(プリア・カン?だっけとか、東バライとかのちょっと遠いコース)をあわせて、全部ではないですけどほとんど見ました。そんで11ドル。
タケオのホームページでは大回りコース9ドルで、時間が余れば小回りコースも行けるって書いてあったけど、まあ、許容範囲ではないでしょうか。自分的には。

やっぱりなんといってもアンコールワットですよ!すごい。
友達に聞いてたとおり、物売りの子供とか全然いなくなっちゃっててちょっとショック。
あとは相変わらずタ・プロームもいいですね。
時間があったら自転車で来て一人でのんびり日陰に座ってぼーっとしたいのですが、、、3日券しか買ってないし、時間ないかも。残念。
アンコールワットはじめ、遺跡に急な階段が多くて、上り下りを繰り返していたら太ももが筋肉痛になりました・・・。

で、二日目の今日は、昨日と同じバイタクくんとベンメリア遺跡に行ってきました。40kmくらいって書いてあったでしょうか?
ベンメリアまでの道はほんのちょっとの一部分をのぞき、すべてきれいに舗装されていますので、バイクでも車でも何でもOKです。バイクで1.5から2時間弱で着いたと思います。ちゃんと覚えていないのですが。
でも、できることなら車で行くことをお勧めします。バイクはカンボジアの風を直接体に受けて気持ちいいことは気持ちいいですが、お尻が痛くて、2時間近くバイクに乗った直後は、お尻の痛さと太ももの筋肉痛でちゃんと歩けませんでした(笑)

ベンメリアは森の中の崩れかけた遺跡で、個人的にはチョー気に入りました。タ・プロームもそうだけど、ベンメリアもかなりラピュタっぽいです。絶対。
ただ、かなり蚊が多いので虫除け対策は必須です!!
あと、ベン・メリアは遺跡パスとは別に5ドルの入場料が必要です。

シェムリアップに戻る帰り道、途中にあるロリュオス遺跡群に寄ってきました。
朝8時過ぎに宿を出て、16時前には戻ってきました。かなり疲れました。

驚いたことに、この二日間で300枚近く写真を撮っていました!
自分でもびっくりです。。。何を撮ったんだろ、そんなに??

ちなみに、明日は再びバイクで遠い遠いバンテアイ・スレイと、プノン・クーレンとクバルスピアンに行きます。
結局タケオとかの日本人宿まで行くのも面倒で、全部一人きりでバイクで行くことになってしまいました。
今日と明日の分で50ドル。まあ、そんなもんか・・・。
タケオの参考価格だと45ドルくらいのなるのかなぁと思いますが、それ以上は下がりませんでした。
あと、プノン・クーレンに行くにはさらに20ドルの入場料が必要です。
あー、ずいぶん金かかりますね!

もう一日あまるので、もっと遠くの遺跡とか、それこそタケオに行ってみて行く人いたら一緒に行こうと思ってたんですけど、なんかこの二日だけでかなり疲れて、明日もかなり疲れることが予想されるので、いくら車でももう遺跡観光はいいかも・・・って思ってきました。
シェムリアップの街をブラブラして、買い物して、自転車でフラフラしてみようかなと思っています。

バンコクまで戻るのは、どうしようかな。
シェムリアップは嫌いではないけど、そんなに別れがつらいほどでもないので、飛行機やめてバスで行こうかなぁ。。。

あ、ところで、シェムリアップのインターネットは、1時間0.75ドル~1ドルが相場のようです。

シェムリアップはドル使えます。なのに、屋台とかで使うかなぁと思わず20ドルばかしリエルに両替してしまったら全然使わなくて困ってます。ドルで表示されててもリエルで払えばいいんですけどね。
1ドル=4000リエル換算です。両替屋では1ドル=4125だったり4130だったりすることもありますが、お店ではどこも1ドル=4000で計算してるみたいです。

そうそう、来る前さんざんラオスに行こうかとウダウダ言ってましたが、結果として、カンボジアに来てよかったと思います。後悔はないです。
だって、カンボジアの農村の風景ってラオスに似てるんだもの。

じゃ、昨日はビール飲まなかったので、今日はビールたくさん飲んで早く寝ます!
写真は帰ってからのお楽しみで。たぶんここでもできないことないんだけど、めんどくさーい!どうせすぐ帰るんで。。。


シェムリアップにやってきました! - 2006.07.16 Sun

こんばんわ。成田で待ちぼうけをくいましたが、無事カンボジアのシェムリアップにやってきました。

バンコクに着いたのは今朝の1:40頃。
入国して到着ロビーで少し寝て、ドンムアンの駅から列車でファランポーン駅まで行き、そっからまた列車でアランヤプラテートまで。

ドンムアンからファランポーンは5Bって聞いた気がしたけど、チケットを売るおじちゃんが勝手に2等にしてくれて、20Bでした。
ファランポーンからアランヤプラテートまでは3等で48B。6時間くらいかかりました。
アランヤプラテートから国境まではトラックバスで10B。

カンボジアビザは国境で楽に取れました。20ドルの表示があるけど、1000Bしか受け取ってくれない。。。

カンボジアのボーダーからバスターミナルまで無料のバスがありました。
そこでバスかタクシーを選んでシェムリアップまで行くことができます。
バス(ミニバスでした)は一人10ドル、タクシー(普通のセダン型)は4人までで一台50ドル。私は香港人と中国人と3人でシェアしてきました。本当はもう一人同乗者が見つかればよかったけど・・・。
時間は運ちゃんのテクニックとかスピードによると思いますが、3時間で着きました。

初めて通る道なので昔と比べられないのですが、今でも十分ひどい道です。雨が少なくて道路も乾いていたけど、それでもかなりボコボコでした。運ちゃんが80キロとか出して走ってるからこわかった。
でもこれで道がドロドロだったらもっと大変なんだろうなぁ・・・。

今日はPopular GHっつうところにとまってます。結構部屋数あるんだけど、キャピトルのオフィシャルになってるからか、2部屋しか空いてなくて、香港人とツインの部屋をシェアすることにしました。
トイレ・シャワー付で6ドル。の半分なので結果的に3ドルですみました。

シェムリアップは6年前に来たのに、あんまり街のことは覚えていないです。でも、絶対レストランとか増えたと思う。おしゃれなレストランがずらっと並んでます。
発展しすぎてちょっとなぁ。。。でもオールドマーケットとかは薄暗い。
明日は一通り観光してみよっと。タケオのバイタクのほうが安いっぽいけど、行くのめんどくさい。。。

なんと!! - 2006.07.15 Sat

エアインディアでもないのに、、、搭乗口まで来て、さらにあと1時間遅れるらしいです。飛行機がまだ着かないらしい。
UAどうした!!今日は全体的にUAは遅れてるみたいです。
どうせ空港で夜明かしするつもりだったのでいいですけど、、、
予想外の出来事。いきなり不安な出だしです(^_^;)

成田で待ちぼうけ その2 - 2006.07.15 Sat

ドコモの携帯は500文字しか送れなくていやね!

続きですが、心配なので職員に聞いてみたら、混んでるから座席はゲートで案内するっていうんだけど、それどういうことだろう?そこで搭乗券をもらうんだろうか?
早くチェックインしすぎたからいけないのか?んまぁー、やることないし、早めにゲートに行ってみます。
暇なので、今展望デッキでぼーっとしてます。風も出てきて、ちょっと涼しくなってきました。
曇ってて、というか、霞んでて夕日は見えないかなぁ?それまでここにいるのか?

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Search

RSS

Profile

らお子

QR Code

QRコード

Links

このブログをリンクに追加する

Visitors

Recommended Items

☆ブログランキング参加中


☆毎日Click!!
募金サイト イーココロ!

JWordsのクリック募金 
↑一日30円!!





【楽天市場】旅行・出張・ホテル・チケット


簡単旅日記&アルバム
旅行専門ブログサイト トラベログ
旅行のクチコミサイト フォートラベル

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。