topimage

2017-09

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


おわりに - 2004.10.11 Mon

メコンとともに

今回の旅のテーマどおり、ひたすらメコン川のほとりでぼーっとしてばかりの毎日でした。
これでもかというくらいいろいろなところからメコン川を眺めました。

結局一週間もいてしまったデット島では毎日毎日ぼけーっとしたりゴロゴロしたりで、脳みそがとろけそうでした。
何もないけれどなぜかとても居心地がよいところでした。

タイ側では川沿いはきれいに整備された歩道になっており、夕方になるとどこからともなく人が集まってきてジョギングをしたり、ウォーキングをしたり、エアロビをしたり、鍋の屋台が出たりしていました。
タイはどんなに田舎でもちゃんと道路は舗装されていて、車も走っていて、やっぱり都会だ~と思ってしまいました。

3年ぶりに訪れたビエンチャンは3年前より旅行者が多い気がしました。
街自体がすごく発展したという印象はないけど、ド田舎から来たせいですごく都会に感じてしまいました。
今回は素通りしてしまったサワンナケートでは屋台?のお兄さんに英語が通じて驚きました。
3年前は全く英語が通じなくてバスが何時に出るのかわからなかったのに・・・。

そう思うとラオスはどんどん変わっていってしまいそうな気がします。
今回は行かなかったけど、バンビエンやルアンパバンも3年前は静かだったのに、ガイドブックを見るだけでもゲストハウスがたくさんできているようです。
早いうちに行かないとまた変わってしまう気がして焦ります。
便利で旅がしやすくなるのは嬉しい反面ちょっとさびしい気もします。
すごく自分勝手なのですが・・・。

それでもまだまだラオスは素朴なところです。何がそんなにいいのか自分でもよくわからないのですが、すごくすごく好きなのです。
またビアラオを飲みに行きたいと思います。


日程:2003/8/27~2003/9/24(29日間)

使ったお金:389US$(記録と違うが計算上はこうなる)


<前へ  目次へ戻る     
スポンサーサイト


9/24 成田 - 2004.05.04 Tue

帰国
無事日本に帰ってきた。正直帰りたくはなかった。
振り返ってみると、時間を持て余してぼーっとしてばかりだった。
何もないのを知っててラオスに行ったのだから仕方ないのだけど。
でもメコン川を眺めてぼーっとするという目的は充分すぎるほど達成できた。
おかげで充電もできた。少しは日本の生活も頑張れるだろう。
帰ってきたばかりなのにすぐ次はどこに行こうかと考えてしまう。
帰ってきたばかりのほうがテンションが高いので余計にそういうことを考えてしまう。
次はいつ行けるだろう・・・。
その前に仕事を探さなくては。


<前へ  目次へ戻る  次へ>


9/23 バンコク→成田 - 2004.05.04 Tue

最後の日
とうとう今晩帰国する。どうしても日本に帰らなければならない理由があるわけでもないし、どちらかといえばまだまだ帰りたくないのだが、もうお金もないし、あきらめよう。
最後の日もいつもとかわらない。ご飯を食べて、メールして、街をうろついて・・・。
夕方、川(今度はメコン川じゃない)の隣の公園に行ってみた。結構人がいる。
カップル、友達同士、親子連れ、学生、外国人、いろんな人がいる。
広いところではあいかわらずエアロビをやっている。
1か月、あっというまだった。
まだ帰りたくない。

夜、ミニバスで空港に向かう。このギュウギュウ詰めで80Bだったらエアポートバスで100B出してもよかった。
毎回お決まりの空港のコンビニで土産を買う。
飛行機に搭乗するのを待っていると、後ろから肩をたたかれた。
ビエンチャンで一緒に薬草サウナに行った女の子だった。
まだ帰るのは先だったはず。なんでもおばあちゃんの具合が悪くなったので帰ることにしたそうだ。
それにしてもすごい偶然だ。



参考
ミニバス カオサン~空港 80B


<前へ  目次へ戻る  次へ>


9/22 バンコク - 2004.05.04 Tue

カオサンに帰ってきた
朝6時バンコクに到着。戻ってきました。
降りるとすぐに「タクシー?」って寄ってきた。高速込みで350Bだという。
普通に考えたら絶対高いのに、寝起きで頭が働いていなかった私はオーケーしてしまった。
あぁ、なんてバカなんでしょう・・・。ただでさえ残金少ないのに。。。
カオサンに着いて、宿を探すが、どこも「Full」の連発。たしかに時間が悪い・・・。
何軒か探して、Bella Bella GHに行くと、今シングルルームを掃除中とのこと。掃除が終わるのを待ってチェックインした。部屋は狭くベッド一つでいっぱいいっぱいだが、きれい。
カオサンをウロウロする。毎年カオサンに来ているわけでもないので、来る度に何かしら違うところがある。
今回は大きなショッピングセンターのようなものができていて驚いた。
便利になるのはありがたいが、人も増えてうるさくなって、ますます居心地が悪くなる。でもこれからも旅の始まりと終わりはいつもここになることは間違いない。
とはいっても、まだカオサンに来て「帰ってきた~」と思えるほどカオサンに来てはいない。なにしろまだ3回目だから。

トゥクトゥクでドライブ
午後トゥクトゥクでT子さんが泊まっていたホテルへ向かう。
カオサンに泊まっててくれたら楽だったのに。結構遠い。
ホテルの目の前までは行ってもらえなかったが、近くまで連れてきてくれたので、歩いて探し、見つけた。
フロントに行ったらすぐにわかってくれた。無事航空券を受け取る。これで無事帰国できるはず。
帰りもトゥクトゥクで帰った。
早くも渋滞気味。バンコクはあいかわらずひどい排気ガスだ。トゥクトゥクで走るのは健康に悪い。
そしてまたカオサンに戻ってきたがなんか落ち着かない。



参考
本日のお宿 Bella Bella GestHouse(ベラベラ)
シングル シャワー・トイレ共同 170B+デポジット200B
『歩き方』に載っている。お寺の裏のほうにある。
カオサンよりは静か。部屋もきれい。


<前へ  目次へ戻る  次へ>


9/21 ナコーン・パノム→バンコク - 2004.05.04 Tue



時間を持て余す
今日の夜行バスでバンコクに行く予定。時間はたっぷりあるが、今日もやることがない。
歩いてTATまで行ってみた。川沿いに建つきれいな建物だった。
誰も訪ねてくることはなさそうなのに・・・。
バンコク行きのバスの時間を聞くと、親切に教えてくれた。
職員が言うには、朝8時と夕方6時にあるとのこと。VIPバスだと24席しかないから、予約しなさいと言われた。でも600Bは払えません。
普通のバスもあるらしいので、バスターミナルに行ってみれば大丈夫だろう。
街の中を歩いてみる。車やバイクもそれほど多くはないが、シー・チェンマイよりは大きいと思った。だってここにはコンビニがある。
けど、お店が並んでいるだけで特に見るものもないため、すぐに時間をもてあますことになった。
またラオス行きのボートが出るほうに歩いて行ったら、インドシナマーケットらしきものを見つけた。
昨日見たやつは違ったらしい。インドシナマーケットは2階建てのビルになっていて、2階はレストランになっているようだ。
ここもマーケットというか、雑貨屋ばかり。客もほとんどいなくて閑散としていた。
午後は川沿いのベンチに腰をおろし、時間をつぶす。
こうしてると、自分は一体何しに来たのかと思ってしまう。時間を持て余すなんてもったいない。

バンコクへ
バスターミナルに行くと、おにいちゃんに勧められるままに1等のバスに乗ってしまった。
隣に2等のバスが停まっていた。何が違うんだろう。
とりあえず1等には毛布とトイレとおやつがついていた。
エアコンがガンガンだったから毛布があって助かった。それでも寒かったけど。
バスの中では香港映画をやっていた。



参考
トゥクトゥク GH周辺~バスターミナル 20B
バス ナコーン・パノム~バンコク 459B(1等)

本日のお宿 バスの中


<前へ  目次へ戻る  次へ>


9/20 ノンカーイ→ナコーン・パノム - 2004.05.04 Tue



ナコーン・パノムへ
朝早起きして荷物を準備。6時には準備完了。
いざ出発!と思ったら雨が降ってきた・・・。しかもどしゃぶり。
なんでこうなるかなぁ。移動しようと思う日の朝はことごとく雨だ。もともと朝は雨降るものなのかもしれないが。。。
7時まで待ってみたが、やみそうもない。トゥクトゥクをつかまえてこようと外に出るが、トゥクトゥクがいない・・・。
仕方なくGHに戻ってくるころには雨もほとんどやんできたので、荷物を背負って歩くことにした。
途中でトゥクトゥクをつかまえてバスターミナルへ行く。
バスターミナルでナコーン・パノムと行き先を告げると、今バスが出たばっかりだという。なんてことだ!!
すると、トゥクトゥクのおじちゃんがバスを追いかけてくれ、バスに乗ることができた。なんていい人なんだ。
ナコーン・パノムへ向かう道はのどかな田園風景が広がる。ラオスに似ている。
およそ7時間後、ナコーン・パノムに着いた。
街の中心部でおろしてもらったほうがよかったんだろうが、イマイチ場所がよくわからなかったので、結局バスターミナルまで行ってしまった。
トゥクトゥクでFirstHotelに連れて行ってもらった。ドライバーは女の人だった。初めて女のドライバーを見た。

ナコーン・パノム
さて、ここに来てみてもやはり何もすることはない。
ナコーン・パノムもメコン川沿いの街。川の対岸はラオスのターケークだ。
ここからボートでラオスに行ける。この国境も渡ってみたいが、わざわざここを通ることもないだろう・・・。
地図に「インドシナマーケット」と書いてあったので行ってみた。想像以上に小さい。お店が何軒か集まっているだけ。ちょっとびっくり。
暇をもてあまして、川沿いの道を歩いてみる。ここの遊歩道もきれいに整備されている。
夕方になると、ウォーキングをしたり、ジョギングをしたりする人が増えてきた。
タイではどこに行ってもウォーキングしたり、ジョギングしたり、エアロビしたりする人を見るけど、ラオスではビエンチャンくらいだった。わざわざ歩かなくても普段から歩いてるから・・・。
ナコーン・パノムはメコン川で捕れる大ナマズを料理する店があるらしい。
でもチャレンジできなかった。もう来ることないかもしれないのになぁ。もったいない。



参考
トゥクトゥク GH周辺~バスターミナル 20B
バス ノンカーイ~ナコーン・パノム 108B 約7時間
バスターミナル~GH 20B

本日のお宿 First Hotel
シングル トイレ・シャワー付 160B
『歩き方』に載っている。時計塔の前にある大きなホテル。
部屋はきれいだった。


<前へ  目次へ戻る  次へ>


9/19 ノンカーイ - 2004.05.04 Tue



おじさまとドライブ
夜中にすごい雨の音で目が覚めた。
今日ナコーン・パノムという街へ行こうかと思っていたが、起きてみて面倒になってやめた。
バンコクにいるT子さんに電話したら、21日にバンコクから出てしまうとのこと。もう少しバンコクにいるならバンコクで遊んでもらおうと思ったが、3日間バンコクで暇をもてあますのはいやだ。
結局もう一日ノンカーイに泊まって、その後ナコーン・パノムに行くことにした。
午後、穴場のインターネット屋を見つけた。川沿いの店より安いし速いし落ち着ける。

GHに戻ると、GHのオーナーの友達というおじちゃん(バンコクの銀行で働いているらしい。オーナーも昔バンコクで働いていたとか。元同僚?)がまだいた(朝も会ったのだ)。
少し話をしたら、車でその辺をドライブしないかーみたいな話になった。暇だからつきあうことにした。
そのおじちゃんがご飯をおごってやるというから、遠慮なくついていった。さっき山ほどカオニャオを食べたから全然おなかが減っていないんだけど・・・。
たぶん一人じゃ入らないような、冷房のきいたレストランに入った。すごい高級レストランなわけじゃないけど、周りに人が立っていて落ち着かない・・・。
春巻きなどを食べた。おいしいけれどやっぱりおなかいっぱいで食べられない。テイクアウトにしてもらった。
それにしてもこのおじちゃんの顔のホクロから毛が生えているもんだから、直視できない。まんがみたいだ。
名刺を渡され、バンコクに来たら電話してくれと言われたが、たぶんすることはないと思います。ごちそうさまでした。
このおじちゃんは今日の夜行列車でバンコクに帰るらしい。オーナーも一緒にバンコクに行くらしい。
なぜだかオーナーの息子と一緒に駅まで見送りに行った。
彼らはなんと1等の寝台で行くらしい!!すごい。そんなの乗ったことない。。。
たぶんこれから先も乗ることはなさそうだから、記念に中を見せてもらった(笑)
今思えば、3等に比べれば天国だけど、別に2等でもいいんじゃないかと思う。2等の寝台は乗ったことないけど。



参考
両替 30$→1,189B
インターネット 20B/h

本日のお宿 昨日と同じ


<前へ  目次へ戻る  次へ>


NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Search

RSS

Profile

らお子

QR Code

QRコード

Links

このブログをリンクに追加する

Visitors

Recommended Items

☆ブログランキング参加中


☆毎日Click!!
募金サイト イーココロ!

JWordsのクリック募金 
↑一日30円!!





【楽天市場】旅行・出張・ホテル・チケット


簡単旅日記&アルバム
旅行専門ブログサイト トラベログ
旅行のクチコミサイト フォートラベル

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。